スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激闘の末

2006年07月02日 03:09

おはようございます?

こんな真夜中にブログ更新でございます。
ぇ?なんでかって?

そりゃー
見てたんですよ!
FIFAワールドカップを!

ポルトガル VS イングランドの試合がさっき終了しました。
以前も書きましたように、わたくしポルトガルファンです。
相手は本命の一角、イングランドだったので、かなり厳しい戦いを予想していました。司令塔のデコも出れませんし、最初から不利な戦いでした。
一方イングランドは、ほぼベストメンバー。オーウェンがいませんが、ルーニーが復帰して、士気はがつがつ上がっております。

試合の方は。
前半は、イングランドがペースを作りますが、ポルトガルもカウンターと、クリスティアーノ・ロナウドの個人技で応戦します。
どちらもあと一歩が出ない状況で、一人マニシェがミドルをぶっ放しています。
↑調子にのって、撃ち過ぎです。

後半。
相変わらず、イングランドがボールを支配します。
しかし決め手が無く、ただ時間だけが過ぎます。双方、守備はすこぶるよかです。
そして、試合が動き出したのはベッカムが負傷交代の後・・・
痛恨のルーニー、一発レッドカード退場。
ここでイングランドは、昔からの伝統のサッカーに戻します。
クラウチ登場です。
しかし一人少なく、守りを重視しないといけない状態ではクラウチの身長もいかせません。
楔となっても、フォローする選手がいないのです。

結局、この後はポルトガルの一方的な攻撃が始まるのですが、こちらもやはりデコがいないのは辛かった。あと、マニシェはイカレてしまっています。撃ち過ぎです。
フィーゴが交代した後は、サイド攻撃のみになってしまって、中央をがちがちに固められてしまいました。敵ながら、ファーデナンド、テリーは素晴らしい選手ですね。

延長戦も同じような状態が続き、勝負はPK戦に。
ポルトガルの祈り
ポルトガル選手達は戦いの行方を見守ります。

右のほうにフィーゴの姿も。

ベッカムですな
ベッカムもベンチから自国を応援です。

ポルトガルはきっちり一人目シモンが決めますが、イングランドは、ランパート。今大会、最も力が出せていない選手の一人でしょう。
その流れのまま、PKを止められてしまいます。

やっぱ調子でね~わ
最後までダメでしたね・・・

イングランドは、その後、ジェラード、キャラガーまでもが外してしまい、絶体絶命。
ポルトガルの勝利を決めたのは、やはりこの男。

やっぱオレでしょうが!!

くりすてぃあーのー!!!

あんたが大将だーー!!!!

おめでとー
ベスト4じゃーー!!!!

やっちゃいましたわ。。。見てる方もしんどい戦いでしたわ。。。

次はフランス?ブラジル?
うーん、そろそろ奇跡は起こらんな。笑


スポンサーサイト


コメント

  1. てつ | URL | -

    フランスですな。
    こうなったら、最後まで行ってほしいですね。


    ルーニー、ボロカスやな...笑

  2. しゅうへい | URL | -

    コメント有難うございまーす

    フランス来ちゃいましたね。ブラジルは、なんかかみ合わないまま終わりました。

    うーん、頑張って欲しい。

    ルーニーの退場を誘ったのも、C・ロナウド。←押されましてん
    素晴らしい活躍だww

    でも、あれで退場は、ちょっと可哀想ですけどね。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tinuhei.blog24.fc2.com/tb.php/89-6fca2a55
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。