スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H18.5/6 和歌山県下津大崎

2006年05月07日 01:16

ローカル釣法、マネできません


はい、どうも、しゅうへいです。
和歌山県下津にあります『大崎白灯』に行って参りました。

今回も大変有り難い事に、ばくだんさんと同行させて頂きます。同行というよりは、しがみつく、子泣きじじいです。

えーと・・・結果から先に言いますと、毎度毎度のボウズです。
ばくだんさんは、4~5枚釣ってはりましたが、時合に入って、ポロッと釣れたところで終了されたので、もっと数は伸びたと思います。
完全にパターン掴んではりました。
もうさすがの一言。


それよりもね。。。ヘコんでるんですわ。
もうかなりのヘコみ。

団子投入開始頃、団子への干渉も比較的強く、割れもスムーズにいってたんですがね・・・1時間ほどしたら、餌取りのアタリすら消えてしまっていました。
この辺から僕の釣りは、ワケの分からん方向へ進んで行くのですが。
団子のタッチを変えてみたり戻してみたり・・・
寝かしてみたり立ててみたり・・・
おっかしーなー、チヌは前におるんやけどなー


僕以外は大爆釣ですから。


そらヘコみますって。


特に最後。
ボウズは構わないんですけどね・・・
答え教えてもらってるのに、出来ないんです。
技術不足もありますが、釣り自体がええ加減になってきてしまってます。見つめ直さないといけませんね・・・

終了後、出来ていないところ、出来ないといけないところ。。。課題となる部分が見えてきました(ダメ出しされちゃった)ので、有意義な釣行になりました。ばくだんさんに感謝です。


遠征おつかれっす!
夕方、南紀からてつさんが帰って来られました。
ヒゲボーボーマンかと思いました。
楽しかったです。ありがとうございまっす!
あの魚、ホンマにペラって言うそうです。←嘘


あと、発見がひとつ。

めっさ風が強かったんです。
もう、めっさめさ。

でもこんなもん、釣れない理由にはならんということですな・・・

僕以外は大爆釣ですから。


折れたらいかん!よう解かりました。


スポンサーサイト


コメント

  1. てつ | URL | -

    お疲れ様でした。

    いやぁ、横からヤイヤイ言うのって楽しい!プレッシャー0やもんね。笑笑笑

    ヘコみましたか。
    どんどんヘコんでください。
    そのうち気持ちよくなってきます。笑

  2. コグレ | URL | -

    こんにちわ、コグレです。
    お疲れさま、お互い道は険しそうですね。
    上手く行かないからまた燃える、へんな世界。

    >餌取りのアタリすら消えてしまっていました。
    これってなぜ? 原因がさっぱりわかりません、名人の皆様、教えていただけますか?

  3. しゅうへい | URL | -

    コメント有難うございまーす

    >ヒゲボーボーマン様
    間違えました、てつ様。

    なんか楽しそうでしたね。笑
    確かに、あの時点では、ばくだんさんまで沈黙状態でしたから。
    横では大爆釣でしたのに。笑
    僕も何故か楽しかったです。AFO

    気持ちよくなるまで、ヘコんでみようと思います。もっとヘコませてください。何

    >コグレ様

    道は遠く険しいです。ゴールがどこだか解かりませんし、ゴール地点自体も延長され続けていますしね。
    まぁ・・・

    ゴールなんて無いんでしょう。←キマッタ

    餌取りのアタリについては・・・
    ばくだんさんもたまに僕の状況とリンクされてたので、ばくだんさんに答えて頂くのが一番なんでしょうが。。。

    素人的発想かもしれませんが・・・
    すぐ横(ほんの2~3m)では、かなりエグイ団子が投げられてました。
    周り無視して、結構さっぱりした団子投げてたせいもあるかもしれません。ちなみに青+緑マッハ5kg/アミエビ400ccでいきました。サナギは割れの補助に多少投入。

    あと、パサい団子を結構締めた時は、特に反応悪かった感じでした。

    夕方前、オキアミ瞬殺タイムがあったんですが、あれはフグっぽいです。残ればチヌが近いみたいなところでしょうか、多分。

    瞬殺タイムまでは、餌が結構残りました。置いてたらさすがに取られましたけど。コーンは取られず、ボケは半分とかイカれました。
    パターン分かる前の事ですけど。

    時合いとそうでない時間との釣れ方は顕著に出ていたと思います。

    というか・・・まとめれば、よう分かりません。爆

    思い返せば、和歌浦で自分が釣った時も(無意識に)似た事やってしまってた部分もあって、紀北はホンマ特殊ですわ・・・

    全然参考になりませんね、すんません。

  4. コグレ | URL | -

    ありがとうございます、参考になりますよ。
    よくある事なんだけど自分には餌取りも寄らずオキアミは残りっぱなし、俺のダンゴはそんなに不味いのかって、糠、砂、の自作だけど細引きサナギやアミエビだって入れてるのに、隣のダンゴに負けてるの? て思うときが。パサイ団子締めたとき反応が悪い、う~ん、鹿島一パサイ団子を締めてる身としては、今度、ネバイのも試してみよう。ありがとう。

  5. しゅうへい | URL | WypcqoOk

    こんばんわ。コグレさんのお返事考えているうちにえらい時間になってしまいましたー。

    うーん・・・どう言ったらいいんでしょうか。
    ど素人発言なので、本当に参考にしないで下さい。笑
    ややこしい事書いてしまって、すんませんです。

    基本軸として、団子の締め。
    これが永易流入門に至るまでは、習得必須事項となるかと思います。
    最終的?には団子をコントロールして行くための、習得最短距離であると、永易氏もおっしゃってるように、紀州釣りと団子は切っても切れない間柄ですから、永易流に限らず、『団子を操る』、この能力は必要だと思うんです。

    全快まで締めるという行為は、団子の割れを安定させる為の手段で、『力いっぱい限界まで締められた団子』=『現時点での最高の割れにくさを保持する団子』となり、この限界団子を続ける事によって、『安定した団子を打ち続ける事ができる』となります。
    もう、この辺は僕以上に分かっていらっしゃるとは思いますが。

    ネバイ団子は、芯残りを特に起こしやすく、割れを一定に保つ事が困難だと思います。
    うーん・・・ここも書く必要無いですけど。


    僕自身、今釣る気はあんまりありません。←言い訳臭い
    いや。。。ちょっとはありますけど。笑

    とにかくこれをやり続けないと先に進めないと思っているので、コグレさんもあまり回りを気にせず、自分の信じた道を進んでもらえたらと思います。不味い団子なんて無いと思いますから。
    チヌに聞かないと分かりませんけど。

    僕のコメントで、進むべき道を迷わせるような事が無いよう願います。以後、気をつけます。

    コメント有難うございましたー。
    少し重くしてしまいましたが、今後とも気軽に遊びに来て下さいねー。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tinuhei.blog24.fc2.com/tb.php/73-184271ed
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。