スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H18.4/9 文里港&某波止

2006年04月09日 22:54

御触りだけではダメよ

宣言通り?和歌山県田辺市は文里港に行ってきました。
友人Gが「紀州釣りって面白いんか?」って以から聞かれていたので、見てもらうのが一番。誘ってみました。
俺の爆釣姿をしかとその目に焼き付けるがいいわ!!ふぬぁ~

現地には前日土曜日の深夜に到着。
波止場先端側には投げ師、海上保安庁の船付近にはサビキをされてる方が多数。
友人Gとその嫁さんも、そのサビキ師に混ざって、アジ釣りを開始。
型の良いアジをよーさん釣ってました。
地元の方に聞きますと、この辺のアジはある意味でブランド品らしいです。青アジ・赤アジっていうのがあって、なんやよう分からんですけど。友人G夫婦には大変喜んで頂けたと思います。

日曜日、朝。
投げ師もサビキ師も帰る様子がありません。
完全にあてがはずれました。
仕方無く、波止場中央の投げ師の間に入れて頂きました。
先端付近には、同じく『永易流紀州釣り師』と思われる方が2名。
あそこは潮の流れが大変だろうなーっと思ったんですが、なにせ場所が無い…ご武運を。

仕掛けを準備。団子を作る。
サビキのアミエビが、前日から入りまくりだったのですが、マッハ5kgにアミエビ2杯。まずは周りを気にしないようにして、スタート。

…ぷっかー
全く差し餌を取られません。
僕がアカン時はいつもこのパターン。やばいわぁ…

開始1時間ぐらいで、投げ師が帰った後は、釣り場も広くなり、釣りよい状況になってきたところで、サビキ師が騒ぎ出す。アジが再び回ってきた様子。
友人G夫婦も活性が上がってきた。
僕が寂しそうに見えたのかわざわざ横でアミエビ蒔きまくってくれましたが、正直「どっかいってくれ」である。
そのマキエは、妨害以外のなにものでも無いのだが、説明するのも面倒ですわ!!
もう一人の友人も「横に入れて」とか言い出して、しばいてやりました。嘘

その頃、先端付近の方の一人が、1枚(40cmクラス)をあげます。
やっぱ釣るのねぇ~。釣るオーラ出てたもんなぁ~。笑

少しして、アジがかかりだす。でも締めると餌は残る。なんかよう分からんようになってきたころ、『てつさん』からTEL。
『てつさん』も、この近くで釣りをされているのです。
友人さえ誘っていなければ、是非ともお供させて下さいってなってたんでしょうが…え?くんなって?OKOKOKOKOKOKセイセイセイセイセイ

てつ「どんなんすか?」
しゅう「ダメっす。」
てつ「こっちは風が凄いですわぁ」
しゅう「こっちはサビキだらけで、アジ湧きまくりんぐですわぁ」
一応、状況を説明した。てつさん側は、風が強く、大変らしい。
コッチは環境自体は釣りやすいんやけどなぁ…
お互いスタートはイマイチの様子…

11時頃。(多分)
どんどん人が増える。お構い無しで割り込み大会。

波止場に行列
行列の出来る波止

少し萎え気味なわたし。
増える増える。増えるワカメは大好きだ。謎

『てつさん』にTEL。
助けを求める。笑
アミエビ入れないと厳しいかも。ただし、どのタイミングで入れるか。との事…
うーぬ…アミエビかぁ。
先端付近の方にも聞く。
同じく、差し餌が全く取られないらしい。
アミエビは入れないのですか?と聞いたら、
「入れん。入れたら獲れない」と、ハスキーボイスで返答が。
今は"そのタイミング"では無いのかな。あえてこれ以上は聞かないでおこう。「有難う御座います、頑張って下さい」とだけ言って、釣り座へ戻る。

狭いがな
狭いよ…あんたたち

私の方は釣りどころじゃありません。
潮も一気に動き出し、どうにもなりません。
もうダメっす。場所移動を決意。


『てつさん』と合流。(というか、邪魔しに来ました。笑)
45cmを2枚、午前中に釣っていると聞いて、有頂天で乱入。
(はい、腕の差は歴然ですが。)

高い波止場。初めての経験。
団子投げるのも、ちょっと恐怖を感じながらです。
高所恐怖症な事に、今日気付きました、しゅうへいです。
糸の出難いインターラインの竿にちょっと苦戦。
やっぱ外ガイドなんやね…←決断が遅いよ、君。

午前中の風は収まったらしく、これからだぜーな雰囲気。

しかーし…
挿し餌が残る。オキアミでも喰わない。
なんでなんやろう…僕には分かりません。
ちょっと流した方がいいのかなーとも思いながら…
ベラ・木っ端・ガシラにフグ…餌取りパラダイス。
でも活性は低いのか、団子の持ちは良い。
締めると反応が悪いらしいので、団子を少し作りかえて、半締めで釣ってました。←僕の場合、適当握りと呼ぶ。

でもね、でもね…
団子には、触るんやけど、喰いこまないみたいな。
1回だけ、「おっ」ていうのがありましたが、アワセきれず。
着底後、3秒ぐらいで割られましたから、ひょっとして…
しかしその後が続かないので、幻覚でも見たのか。笑
正直、雰囲気はあっただけに残念です。
腕を磨いて出直してきます。

あと高切れしてしまい、永易浮きが…
ウキトリパラソル、有難うございました、てつさん。
取るの苦労しましたけど…よこで「ケラケラ」されました。
よし、1ワライGET。
はい、でも邪魔者っ気が満載です。すんません。

午後4時ごろかな…お約束のサビキ師達の登場。
僕とてつさんの間に3人が割り込み。
ありえない出来事。←残念、ありえました。

僕の左側にもサビキ師が…はい、囲まれました。
ありえないよ。←残念、ありえました。
団子を投げた上にアミエビが降ってくる。
最悪です。

ブチギレでしょう、ブチギレなのでしょう、てつさん。

耐えるてつさん
暴れてもいいよ…僕も加勢するから…

結局友人Gの『帰りたい光線』を受けて、竿収め。
てつさん、お先に失礼しました。
おすそ分けまで頂いちゃって。

おすそわけ
おすそ分けは、絞められたチヌ45cm!

えーと…結果は…
ひょっとして、またボウズ?←ご名答。

出直してきます!(゚<_、゚ ξ


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://tinuhei.blog24.fc2.com/tb.php/60-0b5afd90
    この記事へのトラックバック


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。