スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

港湾施設の立入禁止区域の指定に係る検討会

2009年02月12日 21:36

大阪湾(大阪市港湾施設)の立入禁止問題、覚えてらっしゃるでしょうか。
一言で説明すると「大阪湾の一部分に一般市民の方は立入禁止ですよ」という条例でした。

前回の記事

あまりに一方的なこの内容、去年秋から現在にかけて意見公募や検討会が開かれていたようです。
今年の1月に大阪市港湾局からプレスリリースされた「港湾施設の立入禁止区域の指定に係る検討会」を確認したのですが、こうありました。

抜粋

意見公募には多数の意見が寄せられ、特に、全面的な立入禁止には多様な意見があったことから、立入禁止区域の指定について改めて検討することにしました。
なお、当検討会においては、透明性、多角性、公平性を確保する観点から、現場視察を実施するとともに、釣り関係をはじめとする関係者の意見を反映できるよう、検討会の場において意見聴取を実施します。


立入禁止は、まだ本決まりでは無さそうです。
ですが、「日本釣り振興会」の要望に対する回答書に、あまりにも気になる文面がありました。


抜粋

例えば、渡船等で釣り人がわたる防波堤などは、波浪から港を守るための施設であり


この文面の後には、釣り人の災害事例が記載されていました。
これでは渡船で回る防波堤全てが対象と言っているようなものです。


今回の検討会の結果は現時点では報告されてないようです。
検討会には、全日本釣り団体の方も出席されていますので、釣り人の意見もまとめて打診してくれそうです。

前回も書きましたが、この立入禁止には「環境悪化の阻止」という理由も掲げられています。土砂等の不法投棄は釣り人には止められませんが、ゴミを無くす・増やさない事は可能です
私がよく行く、通称「ボラの海」もとんでもないゴミが捨てられています。ありえない量です。
いつか誰かが処分すると思って捨てているのでしょうか?
例え処分されたとしても、繰り返し続いたなら、「立入禁止」という形で決着が付けられてしまうのではないでしょうか。

釣りが出来る環境を有り難く思い、とにかく釣り場にゴミを残さないよう願っています。

多分これからも立入禁止は拡大していくと思います。
それが釣り人の責任であっては悲しい事ですね。
(下にあります参考資料の議事録は是非読んで欲しいです。)


あと、今年のフィッシングショーで気になったのですが。
これらの問題に対しての取り組みがほとんどというか全く感じられませんでした。
一応一周ぐるりと回ってみましたが、全く取り立たされていませんでした。ひょっとすると僕が見落としてしまっているのかもしれませんが、逆にそれではいけないと思いました。


今回の立入禁止問題で大きく影響を受ける、落とし込み釣りの釣り人以外にも、紀州釣りやフカセ釣りでチヌ釣りを楽しめるポイントは大阪湾には多くあります。
このまま決まってしまって良いものかと感じます。




◎参考資料

大阪市港湾局トップページ
ttp://www.city.osaka.jp/port/frame.html

日本釣り振興会からの要望
ttp://www.city.osaka.jp/port/45_enforcement/45_026.pdf

同上、回答書
ttp://www.city.osaka.jp/port/45_enforcement/45_027.pdf

同上、議事録
ttp://www.city.osaka.jp/port/45_enforcement/45_028.pdf

「港湾施設の立入禁止区域の指定に係る検討会」
ttp://www.city.osaka.jp/port/02_press/cgi/20091231820100.pdf

スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。