スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チーム「シルバーソード」

2008年10月16日 00:05

まーたまたタチウオ釣りでございます。
本当ならこの連休、「ここへ一度行ってみたい!」というO野組長(FREEDOM)と大阪湾で紀州釣りってな予定だったのですが、てつさん(FREEDOM)から連絡あって、「チヌなんかよりタチウオやで!」との事。予定は急遽変更に。
お休み予定が未定だったO野さんも都合がついて、参加という形に。
西○さんが釣り場から釣り方から案内してくださるそうです。

僕も含めて3人とも、タチウオ大好きなんですよ!てつさんは、タチウオが好きすぎて、チーム「シルバーソード」(超ベタ)とか作るらしいですよ。嘘

しかしこの3人が組みますと、経験上「3人ともボ○ズ」とかになることもありますから、相性は最悪なのです。
が、今回は西○さんのご案内の「爆釣ポイント」です。最低でも30匹という釣果が約束されている場所!ですので、道中3人ともハイテンション。(特にてつさんが圧倒的に)
一応、嫁にはタチウオ30匹は持って帰ると伝え、出発。


現地付近の釣り具屋さんに付きますと、西○さんと息子さん2人が待っておられました。
やった事無い釣りで、何を買えばいいのか分からないのですが、仕掛け自体はシンプルで比較的安価に揃えれるかと思いきや、テンヤが意外と高い。
一応予備1個買いましたけど、結果的に全然足りませんでした…

さて、現地です。
釣り場まで西○さん運転のレンタル軽トラの荷台に乗ります。なんか懐かしい。。。

トラック荷台から撮影

夕方5時頃、ポイントに付き釣りを開始。
手前はロープがあって、遠投が必要との事。とにかくぶん投げて引いてくるという釣りなんですが、23gのテンヤに道糸2号…。ブチっといかぬよう自慢の名竿「キャスター360」(1,980円)で糸の限界を見ながら投げます。
釣り開始前には、竿自慢。てつさんの竿は、伝説の「関西磯」。O野さんのは、有名すぎて忘れました。
みんなタチウオに命かけてます。

まっくらです


こういう釣りはなかなか難しいです。中層の釣りってやつですね。自分の仕掛けが今どのラインを引いているのか、想像力と経験が必要かと思うのですが、3人共、初体験者なので釣れても情報が乏しい。
どうやってと言われてもわからんのです。笑


肝心のエサとなるのはドジョウです。あのドジョウです。
そいつを地面にベターン!と投げつけて、ショック死?させてテンヤに針金で巻きつけ固定します。このベターン!がちょっとした快感と罪悪感が入り混じり、個人的にはエクスタシーを何度か感じてしまいました。
もうビッチャビッチャのカッチカチです。謎

ウキを使ったタチウオ釣りしかやった事無い人は一度やってみてはどうでしょうか。
続きにおおまかなやり方を書いておきますね。


で、要領をある程度掴んで、そろそろ釣れるんだろなーと思いきや。
誰もアタリありません。
・・・
嫌な予感はしますが、今回は違うはず!

1時間ほどしますが何も無し。
・・・
ふふっまさかね。

するといきなり隣のO野さんにヒット。楽しそう。
しばらくして、僕にもヒット。うひゃ楽しい。
時合突入?と思ったのですが、後が続きません。O野さんが1本追加しましたが、それっきり。
追ってきてなのか元からそこに居たのか、かなり手前で食ってきます。仕掛け的には浅い層で食ってるはず。
本命の時間は深夜との事ですので、ラーメンをすすりながらボチボチやるのですが…
まーったくアタリが。。。

深夜になると、案の定、てつさんがオネムのネムネム。僕も何とか追加を狙いたいところですが、O野さんと西○さんがポツポツ釣るぐらいです。時合モノですので、誰か釣れると集中力が戻るんですが、長くは続きません。
というか、腕がチョーダルイ。名竿「キャスター」を放り投げ、ルアーロッドに変更。こりゃ楽だ。
もともと動作的にはエギングに似てる(あそこまで派手じゃないけど)ので、短い竿の方が向いてるかもです。


深夜3時半。てつさんも途中、起きてましたが、全員眠気満載でダベってました。そして僕がここでダウン。夜明け近くまで寝てましたので、その間の事は分かりませんが、O野さんはさらに釣っていて、計6本。寝たんちゃうんかい!笑笑
西○さんは3本?
とにかく予想通り貧果でした。。。残念です。
まぁ仲間と楽しく釣りが出来るって幸せです。それだけで十分じゃないですか、てつさん…
明るくなっても帰るギリギリまで皆竿を出します。タチウオが終わったら、イカにアジ…
ホント好きですねー。(釣れへんかったけど。)

初ひき釣り。微妙な結果に終わりましたが、また機会があれば、もうちょっと準備をして望みたいと思います。

サイズはそこそこ。でも1本て・・・


西○さん、わざわざ案内・ご指導いただきありがとうございました。
帰って来てから気付いたのですが、西○さんにお借りした仕掛け、持って帰ってしまいました。
とんだ借りパク野郎になっちゃいました。ごめんなさい<(_ _)>
息子さんもお疲れ様でした。



さて、発足日が解散日、チーム「シルバーソード」(笑)、このままでは終われません。
↑ベタなネーミング。

つづく

タチウオのひき釣り

まずは道具です。
①竿…何でもイケます。実際、てつさんは万能竿、O野さんはルアーロッド、僕は投げ竿→ルアーロッドでしたが、何でも良さそうでした。
特にルアーロッドは短いので、長時間の釣りは比較的楽でしたし、O野さん曰くヒキにダイレクト感があり楽しいそうです。

②リール&道糸…リールは3~4号道糸が100m巻ければ何でも。テンヤが20g以上だと道糸も3号以上が安心感があると思います。

③テンヤ…エサのドジョウやキビナゴをくくり付けて使います。バスでいうジグヘッドみたいな道具です。今回は23g~30gを使用しました。狙う層や巻きスピード、遠投性などで選ぶんでしょうね。

④エサ…ヒキ釣りなんで、サシエしか使いません。この辺が手軽でいいところです。まぁタチウオ全般ですけど。ドジョウやキビナゴ、切り身などを使います。

⑤ケミホタル…テンヤの少し上にケミホタルを付けます。遠投する場合、あまりケミホタルが小さいとどこに落ちたのか分かりにくいので、50mm以上のがいいでしょうか。


釣り方。
簡単に書くと、投げて巻くだけ。ですが、これはこれで奥が深そうです。僕の隣に他の人が釣ってたんですが、余裕で二桁釣ってはりました。仕掛けや動作がシンプルなだけに、想像力・技術・経験がモロに出る釣りと感じました。
単に巻いてくるだけでもいいらしいですが、時と場合によってはシャクリを入れていった方が食いが良いとの事です。そのほかポーズなんてのもあり、これらとタナを組み合わせて一番いい状態を見つけるのだそうです。
いずれにせよ中層の釣りは難しいです。
テンヤを水平に引いてくるだけでも相当の腕が必要かと思います。

巻いた状態でアタリがあれば、向こうアワセ的になるのですが、頭部は硬いのでアワせを入れる必要があります。もしノラなくても、そのまま巻き続ければ追い食いする可能性もあるとの事です。
ノってくれば、ズシーンという重量感があります。感覚的には、ウキ釣りと同じでした。


一度お試しあれー。



スポンサーサイト


コメント

  1. てつ | URL | -

    えらい感じかわりましたね。

    っていうか、引き釣りおしえてください...(T_T)

  2. しゅうへい | URL | -

    えらい感じを変えました。そろそろ模様替えしようかなーと。

    先日は有難うございました!結局運転もしていただいたし、昼食までご馳走になり、なにからなにまですんません。

    >っていうか、引き釣りおしえてください...(T_T)

    O野さんは、(僕の勝手なイメージですけど)本能的に順応される方なんで、初めてでもそこそこは釣り出来るんでしょうけど、僕の場合は完全にマグレです。笑
    僕はマグレで釣れるが、てつさんはマグレじゃ釣れないって事なんじゃないでしょうか。
    チヌしかりタチウオしかり。

    でも1匹以上釣れないってのも結構辛いんですよ。
    全部マグレで釣ってますからね。笑笑

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。