スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自虐ネタが招いたもの

2008年10月02日 19:29

独り言ですけど


この前、友人と話してて、たまたま釣りの話しになって、
「釣りを知らん人がしゅうへいのブログ見たら、紀州釣りしたくなくなるで。自虐ネタばっかやん。笑」と言われました。
ショックでしたが、的を得てるような。



前回の釣りで永易さんがおられまして、釣りをしながらも少々お話しさせていただいたのですが、やはり永易さん、この紀州釣りをもっと広めようと考えられておられるみたいです。
もちろん現代の紀州釣り界を引っ張る方々のひとりでありますから、紀州釣りの未来にも目を向けられているのでしょう。

私も微力ながら、紀州釣りを広めるためにホームページを立ち上げたりしているのですが、これといった興味を引くコンテンツを設ける事も出来ず、苦労しています。

そんな中、Hi-FIELDさんは若い衆が元気そうです。トップも若いですから、慕う人間も若い人が多いんでしょうか。最近の会長さんの露出も多いですし。いや、活気に満ち溢れてます。



僕が紀州釣りを友人に勧める事もあるのですが、皆嫌がります。
良くも悪くもイメージが定着してしまっています。
友人ですから自然と30代前半になってしまうのですが、そんな彼らが持つイメージは、
一時よく使われた言葉の「3K」に近いものがあります。
まぁ「キケン」や「キタナイ」はあてはまりませんけど。

確かに僕が団子を必死に締めてる姿を見せて、「面白い」とはとても思えそうにないみたいで、これで釣れてたらまだ楽しさを伝えられるのですが、ボウズばかりで…
そうこうしてるウチに皆、チヌはチヌでも「落とし込み」に行っちゃいました。残念。


ブログ読み返して思うのですが、ちょっと異質な世界を連想させるような内容が多い様な気がしました。
媚を売る気は無いけど、「楽しさ」が伝わるようなモノにしないといけないのかなと。
広めようとして、楽しさを伝えようとして、実はおかしなイメージを植えつけてしまってるのかなあと、思うわけです。



そうそう。この前の「残暑ネタ」のあのフレーズ、自分ではツボだったんですけど、全く無反応というのが少し寂しい。てつさんのSBK65でこんな気持ちやったんかな・・・自信無くしてたし。笑笑
また自虐。

スポンサーサイト


コメント

  1. かもや | URL | -

    僕も前から思ってたんですけど、なんでみんなやらないんでしょうね。
    メッチャおもしろいのに。

    っていうか、この話はたぶん紀州釣りだけの話じゃ無いんだと思います。
    前に磯釣りスペシャルでも「若い次世代が入ってこない」みたいなコラムを見たことがありますし。
    グレの大会とかでも、35歳ぐらいで「若手」ってなるぐらいですから・・・。

    若い世代限定の話だったら、まず釣りをする子自体が少ないんじゃないですかね。
    もともと人数の絶対数が少ない中で、エサ釣り・ルアー釣りっていう一番最初の分岐点でルアーの方に行ってしまう人が多いみたいですし、さらにエサ釣りのジャンルのたくさんの種類の釣り方から紀州釣りを選ぶっていうのはかなりレアなパターンだと・・・^^;

    っていうか、僕もかなりレアなパターンです 笑


    メーカー主体での話になってしまいますけど、そういうことで言ったら、ダイワさんはフレッシュアングラーズオーディションで他のメーカーよりも一歩先に出た、ってことになると思います。

    紀州釣りでもたまーに見かけるんですけどね。
    ずっとやり続けている子はなかなか・・・。


    長文失礼しました。

  2. しゅうへい | URL | WypcqoOk

    コメントありがとー。

    人は十人十色、興味無い人はどうしようも無いですけど、少しでもコッチ側へ誘導出来ればいいんですけどね^^

    僕がまだハタチぐらいだった頃は空前のバスブームでしたけど、最近の若い子は釣りしないのかな・・・


    まぁ、同じ釣り場に人いっぱい居たら、それはそれでイヤなんで、ある意味少ないというのは有り難いのかもしれん。笑
    なんか言ってると考えてる事が矛盾してきちまったよ!笑笑


    長文ありがとう!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。