スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H20.9/7 和歌山県M漁港

2008年09月08日 19:37

逃げるチヌ、逃げるボク


人生山あり谷あり、田村で金、谷でも金でございます。
社長と大ゲンカ、「もう辞めます!」と豪語して、これから先が大変な時に、僕はのんびり釣りです。
うん、現実逃避というヤツですね。

場所は和歌山県M漁港。
よっぽど精神がまいっているのか、それともサッパリ気分なのか。目覚めると、7時半。
ウッシュのリクライニング機能は凶悪ですね。

釣り場に到着すると、いつもの波止場は紀州釣り軍団で満員です。裏のテトラでやろうかなと思いましたが、一番手前の壁際が空いてましたので、とりあえずそこで段取り開始。

開始~昼まで、1回もエサが取られません。泣きそうです。
隣は頻繁にアワセがあり、ボラやらかけてはります。
こっちはボラアタリなんてこれっぽっちもありませんけど。

全然面白く無いまま昼すぎ、隣が後片付けをしてましたが、団子を捨てた瞬間に強烈な臭いが。ちょっと濃すぎやありませんか?クーラーボックスから、「チヌには○○だ!」まで出てきます。
なんか、魚という魚を全部持っていかれてる感じです。
波止場中央で空きが出ましたので、業を煮やしてポイント移動。
一投目から、ボラの反応。やっぱりこうでないと…

しかし、なっかなかチヌには届きません。
釣ってる人を見てますと、早割り即掛けです。
アタリが一瞬で食っても吐き出してる感じです。
なんかおかしくなってるみたい。

結局、気持ち悪いアタリを強引にアワセて釣った、ミニマム1枚。スカリ投入後、案の定、一瞬で逃げられました。
ただ、ようやく穴が見つかったので、ここさえ修復すれば今後は大丈夫そうです。というか、新しいの買った方が早いですが。

もうイヤですわ…最近こんなのばっか。
今年は楽しめてませんね。4月が僕のピークでした。笑



それと。
お仕事の方ですが、一旦決めた「退職」ですが、会社から却下されてます。
そりゃ僕辞めたら、実質誰も居ませんので、退職=解散なんですけど…
そんな中、今日、僕がおかしな事を言い出したので、わざわざ来社された下請業者の社長さんと色々話しをしたんですが…

我々の業界(本職のほう)って、下降線を辿る一方で、その社長さんも方向転換を視野に入れてると苦労されてる様子です。それはもっと苦労が待ってるとの事でしたけど。


「ひとつの事が底辺ながらも安定してるって事(北新地店があてはまるのかな…)は、まだ活きる可能性があるという事」を、怒られ混じりに、話しを聞かせていただきました。

なにかしらのとっかかりさえあれば、それがひとつのチリだとしても、膨らむ可能性はあるのだと。そのチリがひとつでもあるのだから、「辞める」「いらない」は贅沢だと。
なかにはとっかかりさえ見つからず、途方に暮れている人間は沢山いる。
「先が見えない」。こんな事は、現代社会では当たり前のようにあって、見えないからこそ見ようと努力しないといけない。
見えないのじゃなくて、見ようとしていなのではと。
僕の不満はただのワガママだと言われました。


会社からの却下も、「お前の為にやってきた事をお前が見切るとは身勝手すぎる」という理由。
「辞めたいというなら、やりたい事を見つけてから言え。ただし、今のお前じゃ何も出来ない事に気付きなさい」と怒られました。


器で無いという、本当の僕の性格も見事にバレてます。
それなのに僕に一人立ちをさせようという社長の思い。



そういえば、入社した時の事を思い出しました。半年ほど努めた会社を辞め、今の会社に面接に行った時の事ですが、募集資格に「23歳以上」と書かれていたのに、当時私は19歳。
最初から僕は無理を言ってます。笑
それでも、社長は「お前を23歳までには使えるようにしたる。」と、当時「免停」「保護観察付き」のどうしようも無い僕を拾ってくれました。
ただ、他の社員に「コイツは自殺寸前のところをワシが助けたった」と無茶な嘘を言いまくられましたが。笑


あの時の約束は延長されていて、「お前を経営者として育てたる」に変わってるんかなぁ…と、今日思って。
却下された後、また揺らいでしまってます。
決意は固いと思ったのに。


うん、とことん器じゃないな。笑


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。