スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H20.7/20 串本港

2008年07月24日 20:35

聖地、串本へ

いざ南へ。
人生初の場所、串本へ行きました。
知らない場所というのは、なにか冒険をしているような気分にさせてくれて、子供に帰ってしまいます。
僕が串本に抱いていたイメージ通り、土曜日深夜のホテルまでの道は幻想的なものでした。
月明かりに照らされた海が、今までに無い感動を与えてくれます。
嫁も子供も、同じように感動してたみたいです。

今回、串本へは社内旅行(従業員男は僕だけですが)の予定だったのですが、社長が急遽ダウン。僕ら家族だけの、家族旅行となりました。
もちろん、ホテル代から全て会社持ちでお小遣いまでいただいてますから、感謝の気持ちいっぱいで旅行を堪能しました。

道中、白浜で夕食。昭和8年創業という、うどん屋さんの名物メニュー「梅おろしうどん」を嫁さんと食らう。雑誌などにも取り上げられているのはうなづける。マジうまい。
コシがある麺というのはあまり好きでは無かったのだが、やっぱり麺はコシだねって初めて思った。

泊まるのは、「串本ロイヤルホテル」。ここで2泊します。
ホテルに着くと、「ハチワンダイバー」を娘と見て、大浴場へ。
娘と入る、露天風呂。今までで、あったようななかったような。

風呂から上がって、リールの糸を巻きかえる。明日のための準備。
ベッドは嫁さん子供に明け渡して、僕は布団で寝ました。


チャリコとグレ

朝目覚めると、まずはホテルの朝食バイキング。会社支給のお小遣いで全てをまかなおうと考えていたので、昼メシはヌキ。その分、バイキングでは吐くぐらい食った。笑
名物、しょらさん汁がマジ美味い。

出発は10時。ホテルから出てすぐの串本港へ向かい、道中のエサ屋でアミエビとオキアミだけを買う。コーンは置いて無かった。

嫁・子供はそのまま海水浴へ行くので、港で降ろしてもらい、一旦別行動。
延々続く波止場の先端付近まで行き、準備開始。
あ…スカリを忘れた。
まぁ…いいか。この時点で、ボウズの予感満点だったけど、串本で釣りできるだけで十分満足でした。
海面を見ると、無数の魚。水の透明度が凄いので、魚影がしっかり見える。青やら黄色やら、熱帯魚チックな魚も結構いた。
フグも発見。今までで見た事も無いようなサイズ。多分、35cmぐらい。あんなのが大量に湧き出てきたら、今日はもう終わりだろうなと思った。
串本1
人も少なく天気も良い。これ以上何を求めるのか

サシエは付けず、タナ取り。深い。大体13mぐらいで、これから満潮に向けてさらに深くなりそう。
タナ取りを終えて、釣り開始。団子への反応はかなり早い。サシエが出ると、1投目からウキが消し込みます。10cmぐらいのチャリコでした。
締めても締めても同じようにチャリコ。どうやらタイミングとかは関係ないのか。イヤな予感はしてたので、アミエビも入れてなかったけど。
団子が急に割れだすと、釣れてくるのはグレ。それも30cm級の元気のいいヤツ。
そのグレを釣ると、また団子の持ちが戻るけど、チャリコが食ってきます。
もう何匹釣ったか覚えて無いぐらい、チャリコのオンパレード。
やっぱりコーンぐらいは必須でした。
串本3
型のいいグレが釣れます。最終的に15匹ぐらい。

昼頃になると、魚の数も激増してきたのか、ヘタをすると団子が底まで持ちません。
気温30度をゆうに超える真夏日のなか、今年初めて団子を持たす努力をする。
水面にたまに見えるボラの姿。なんとかコイツを反応させられれば、状況は変わるのかと思ったけど、反応するのはグレ・チャリコばかり。
串本2
締めに必死。リキみすぎて、とうとう股に穴が開く

1時頃。体力的に一旦ギブアップ。水分補給に、自動販売機でお茶大量購入。
めちゃくちゃ暑い。
少し休憩しようと思ったけど、場所を変えてみた。波止場さらに先端は、2又に分かれていて、片方は外へ向いて、片方は港内向きになっていました。
直感で、外向きの波止場へ。
こっちはさらにエグかったですが、魚種が追加。デカすぎるやろってツッコむほどの赤い、ベラの仲間が釣れてきます。
チャリコ以外、引きだけは楽しませてくれます。
串本4
これまた30cm級ベラ(の仲間?)。

結局、そのポイントで5時ぐらいまでやりましたが、夕食時間が迫ってきたためタイムアップ。チヌは残念ながら釣れませんでしたが、型のいいグレとベラが爆釣。
地元のおじちゃんに、「大漁やなー」って言われるのですが…ボウズなんですけど。笑
どうやらこの辺は、チヌよりグレの方が有名だそうです。グレ師の方なら、泣いて喜ぶ場所ですね。


ホテルに帰り、夕食を終え、嫁さんと乾杯。ちょっとしたデート気分で、子供が寝たら、夜這いをかけようと思いましたが、殴られました。

「ちゅ…ちゅーだけでも!<(_ _)> 」
「いや!」
「 (T-T) 」


本州最南端

翌日。最後の日。またまた朝食バイキングで吐くほど食って、チェックアウト。
せっかくここ(串本)まで来たんです。行っとかなあかんでしょーと、まずは大島。特に何もありませんね、ここは。
次に、本州最南端、潮岬。さすがに観光スポット。潮岬の灯台、観光客が多い。
灯台に登り、海を見ると、絶景。エメラルドグリーンの海って言うんですか?テレビでしか見た事の無い景色が見えます。前方には何も無く、ただ水平線が見えるだけ。
感動。ちょっと涙。
串本5
眺め最高。前には水平線が広がります。

旅行を満喫出来た。
帰り途中、娘が釣りをしたいというので、田辺市でサビキ釣り。アジを少々釣って、家路に向かいました。


串本最高。

スポンサーサイト


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。