スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなんでましたけど

2005年10月31日 18:50

先日のアワセの記事での事なんですが…
アワセとは違いますが、サシエの有無について、コグレさんよりコメント頂きました。
>(サシエの有無が)分かる時ってどんな感じですか。
に、ついてご返答ができてませんでしたので、今回の記事にてお答えできればと思いタイピングマシーン化です。

極端な例を用いて書きます。

僕のダンゴは着底後、30秒後に割れ(溶け)ます。
29秒までのアタリはダンゴへのアタリです。
31秒後にアタリがありました。
32秒後、回収するとサシエは無くなっていました。

ダンゴは着底後、30秒後に割れ(溶け)ます。
29秒までのアタリはダンゴへのアタリです。
31秒後、アタリがありません。
32秒後、アタリが無いので回収するとサシエは残っていました。

これをただ意識して、繰り返していただけです。
結局、サシエがいつ取られたか分からないと言うのは、ダンゴがいつ割れ(溶け)たのか分からないと言う事に繋がるのではないか。この時に意識をしていたのは、正確に言うと、サシエの有無が把握できるようになれば、ダンゴはコントロールできているのではないか、と言うこと。

低いレベルではありますが、ダンゴを安定させる事によって、サシエの有無が読めてくるのです。
しかし、この安定を生み出すには、僕の場合は釣果を犠牲にしての『練習』となります。
いつまでもこのレベルではいけないんです。

しかし、その時は基礎中の基礎だと思っていましたので、前回の田辺釣行は全てをこの基礎に費やしました。もちろん、これからも必要です。

先日の記事で、永易さんの連載について「意外なところから入ったなぁ」と書きました。
いきなりの要点1が、『ダンゴの締めはできている』前提で書かれていると感じたからです。
私はまだ基礎にすら入れていなかったという事と感じたからです。
本当の意図は分かりませんけど。

サシエが無いのに流す行為を、"やってしまう"のと"やってしまってる"とでは大きな違いで、私はまだ"やってしまってる"のです。

永易流紀州釣り…まだ入門書すら発行してもらえませんわ。笑


コグレさん、こんなんでましたけど。古
スポンサーサイト


コメント

  1. コグレ | URL | -

    ありがとう、なるほどねー、締めたらわかる、やっぱり基本中の基本、ダンゴの締めに行き着くんだね。でも これが一番難しいよね、ダンゴの安定、まだまだ出来てないね。
    ありがとう。

  2. しゅうへい | URL | l2hZGtxo

    こんなんでましたけど、テキトーな文ですんません。笑

    一応真剣に答えたつもりなんですけど。

    で、肝心な事を書き忘れていたのですが、僕のダンゴの『安定』ってのは、締めているからでは無くて、「紀州マッハ」の『性能の良さ』からくるものなんだと思います。

    僕にそんな技術があるわけ無いですから。笑
    ちょっとカッコ良く書きすぎましたね。
    まだまだこれからです。

    こちらこそ有難うございます。何

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tinuhei.blog24.fc2.com/tb.php/24-8067a3c7
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。