スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あばれミッチャク (F・S2007OSAKA)

2007年02月04日 22:36

みっちゃけた!

元ネタが分からない方は、はっちゃき不足です。もっとはっちゃけてください。

密着して参りました。
と唐突に書き出しましたが、今日は何の日?
そう、フィッシングショー2007開幕戦!
フィッシングショー2007OSAKA最終日

血で血を洗う殺伐とした張り詰めた空気の中、釣りの猛者どもが、来場者をむさぼり食うビッグイベント!
むっしゃむっしゃむっしゃむっしゃ釣りむっしゃ

密着させて頂いたのは、もちろん、ジャクソンのおねぇちゃん永易さんです。
いざマルキューブースへ

と言うかですね。
もうちょっと顔見知りの方々で周りを囲むようなイメージを持っていたのですが、とんでもありませんでした。
寂しいぐらいに僕はぽつーんです。
途中、遠路遥々広島から来られ、何故か僕の事も知って頂いてる方や、団妻さん夫妻、おっしゃれーに登場の松田さんなどなど、お会いするも…今日一日ほとんど永易さんの金魚の糞のようにいました。
今まで、これほどゆっくりお話しする事なんて、無かった事ですから、非情に有り難い計らいをかけて頂きました。
色々ご迷惑をおかけしたかもしれませんが、有難うございました。
ご挨拶させて頂いた方も、有難うございました。


紀州釣りはちょっと置いておいて、全体の雰囲気ですが、変わりつつあるなぁと感じました。
やはりブラックバス業界は一時期の爆発的人気はかげりを見せ出したと感じました。近年の外来種に対する問題や、琵琶湖のリリース禁止問題、釣り禁止区域の拡大など。逆境に立たされてはいますが、現状を維持する為に大変だと思います。
明日は我が身。海の方も安心してはいられません。マキエによる汚染問題などで釣りが出来ない時代が来る可能性もあるのです。
それにしても、バスプロと呼ばれる方は、開発されたルアーやロッドを巧みなマイク捌きでセールスされてます。上手い事しゃべりはります。
見てますと、まるで某知事のような…
興味が無くなるとは恐ろしいものですね。

エギング、やっぱり大人気でした。同じルアー釣りなのでブラックバスからの移行が多いのでしょうか。凄い人でした。『ブリーデン』っていうメーカーだったかな。入り口付近のブースで、セミナーは立ち見の行列ですから、入り口が詰まっちゃてて。やっぱりファッションセンスの良さが若者の購買欲を高めるのでしょうね。年齢層はかなり若い、新時代の釣りとなってる印象を受けました。釣りがファッションというかなんというか。

さて、ファッションセンスは永易さんも負けてません。
釣武者(谷山商事)ブースで、「紀州釣りTシャツ」を拝見させて頂きました。従来はホワイトのみ?だったんですが、カラーバリエーションが複数点追加されています。
かっこ良かったですよ。
着ると、逃げも隠れも出来ませんけど。笑
ただ、個人的には柑橘系配色(黄色とかオレンジとか)も欲しいと思いました。女性も着るのに少しは躊躇いが無くなると思いますし。が、ある事情でボツったそうです。凄い理由でしたけど。

あと、驚いたのが、「魚のサイズが分かる魚探」。
何センチ単位で、魚探に表示されるんですよ。
ホンマかいな!って思いますけど。魚種を大きさでも判断していける画期的な逸品ですよね。ただ、どうなんでしょうね。初めて電動リールを見た時も、凄いとは思ったけど、使いたくは無いと思いましたもんね、僕は。
どんどん釣りが漁に近づいてるといいますか…
まぁそれを言ってしまっては、サビキ釣りはどうすんねん!なので個人の好みなんでしょうけど。


紀州釣りに戻りましょう。
今日一日の大半をマルキューさんのブースで過ごさせて頂きました。完全にお邪魔虫です。
永易さんは大忙し。フル回転です。
「スタッフの方に質問をしてスタンプを貰って、福引をしよう」というイベントがバチコーンと当たったのでしょうか。まさにスタンプお兄さんでした。スタンプを押す速度はもう常人では目視できません。ギョウザイチニチヒャクマンコの世界です。
もちろん、質問のアメアラレ。簡単な内容からコアな部分まで…丁寧にご回答されてました。
紀州釣りの輪が広がればよいのですが!
今日は"団子のタッチ"を伝えたいという永易さんのご意向もあり、丸バッカンに紀州マッハを開けてました。青と緑を一袋づつ。標準より少し水分を減らした、「パサ目の団子」だったのですが、ほとんどの方が丸く形にする事すら出来ないようでした。細引き無しなので、ゴワゴワ感は無かったですが、それでも皆さん驚いていた様子です。なかには、「水入ってますか?」と聞かれる方までおられました。
永易流をされてる方はそれが当たり前だから、そうは思わないのでしょうが、皆さんのファーストインパクトは「これで握るの?」みたいな。

あと、個人的なご指導は非情に有り難いものでした。
とにかく前も書きましたけど、「団子の締め」。とにかくこれに尽きます。今年の盛期を迎える頃には、去年とは少し違った釣りが出来れば良いのですが、今後の努力次第です。ね、オレ。
永易さんは、どうもドSのようです。僕にプレッシャーをかけまくりです。この1年間が勝負の年となりそうです。…もうちょっとゆっくり走らして欲しいですけど…笑
笑いのセンスも少し相通ずるものを勝手に感じさせて頂きました。完全に関西系ノリです。
上げては落とす。上げては落とす。田上明の喉輪落としの動きです。
「本当に面白いのは、さんまでは無くショージである」と。そんな事を熱く語っておられました。嘘


お疲れ様でした!!


スポンサーサイト


コメント

  1. ムギポ | URL | -

    はじめまして

    こんばんわ。いつも楽しく拝見させていただいております。はじめてコメント入れます、広島のムギポです。会場では舞い上がってしまい、ろくにあいさつもせず帰ってしまいまして、失礼致しました。男前だからすぐにしゅうへいサンだとわかりましたよ。神様永易様の握った生ダンゴが、想像よりも重くてビックリ!「パサ目」が想像より「こな」っぽくてなんじゃこりゃ?あんなコナ、手からアブラでも出んとダンゴになりませんで。しゅうへいさんは余裕で握ってましたねぇ。僕はカタチにならんかったですわ・・・。ベランダで握る練習します。いろいろ教えて下さいね。それではまた。

  2. しゅうへい | URL | -

    はじめましてムギポさん、こんばんは。マルキューさんのダンゴブログはあまり見なかったので、ムギポさんのお名前が出ても、なかなか思い出せませんでした。
    反応が薄くてすんません。

    あと…物凄いお褒めの言葉群ですが、僕、釣りに関してはド素人ですから!
    教えるなんてとんでもないですから!

    こちらこそ、駄文ブログを読んで頂いていたとは光栄でした。
    わざわざコメント有難うございます。
    また、ご意見苦情書き込みお願い致します。
    ぁ、やっぱり苦情はご勘弁を。笑

  3. 団妻 | URL | -

    先日はありがとうございました。
    初対面・・・ってことをすっかり忘れてまして、失礼いたしました。

    一日密着してはったんですねぇ。
    私たちもも少しゆっくりしたかった(涙)

    ダンゴブログに色々と詳細が乗ってたようで、見てから行けばよかったです。

    また次回お会いできることを楽しみにしてます。ありがとうございました!

  4. しゅうへい | URL | -

    こちらこそ有難うございましたー。
    そうなんですよ、初対面なんですよ。
    僕は初めてお会いしましたから。

    またいつかお会いできたら、ゆっくりお話しいたしましょう!

    コメント有難うございました。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tinuhei.blog24.fc2.com/tb.php/147-08922bd5
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。