スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H18.11/19 『田辺文里港』

2006年11月20日 20:49

今の精一杯


やっぱり降らせやがったな・・・ヨシ○ミ・・・

よし、いつか僕も天気予報士になって、一年中『晴れ』を言い切ってやろうか。
どうも、"晴れ予報士"しゅうへいです。
土曜日は二日酔いに(笑)発熱のコラボレート。前夜の記憶が完全に無く、朝目覚めるとパンツ一丁。唯一の月1土曜休暇を"寝込む"に使ってしまう失態ぶり。土曜日暖めてたのに。最悪だよ…ヨシ○ミにはがっかりだよ。
誰か妊娠してたら、それはオレの子だ。認知いたす。

うそ…誰かぬくもりください。


さーて日曜日。行って参りました。
体調最悪でしたけど。
「好きっすね~」の田辺文里港です。いまや嫌いな釣り場になってきましたけど。釣れるかもと思ったら行かなあきませんもんね。

前回の場所が「魚と対峙できる」場所とすると、文里は「自然全てとの対決」といいましょうか。
暴風・雨・・・激流などなど。なんとか釣れるという場所ではあるのだが、僕の場合、釣り成立すら困難な状況によく陥らされます。前回来た時は紀州釣りですらできなかったですし。


で、今回。

おひさし単独釣行で、開始時には釣り場にわたしひとり。
貸切状態やったので、一番ええところー…って後々思うと最低な場所で釣りスタート。
自作団子もデヴューですが、よう分かりません。
とにかく何も居てないので、締めたら割れる気配無し。
昼まではただ呆然と繰り返すばかりですが、反応一切ありません。

11時ぐらいになると、雨も少し断続的になって、人がぽつぽつやって参ります。ええね、地元の人はこれができるからね。

お昼。

もー。
もぉー。
雨・暴風・寒さに加えて潮までぐちゃぐちゃ。走るわけでは無いが、浮きを置いた方向へ流れて行くというか。潮が止まると、風で手前へぐぁ~と。・・・やる気が・・・

てつさん・ばくだんさんが、この前来られていたので、お助けの電話を入れちゃいます。
ぇー…自然とばくだんさんにかけてました。笑

んー。

大体同じような事はやってるはずなんやけどねー。
全然出来てへんねやろねー。
とにかく反応しだすまで我慢という事で、投げ続けようと。


3時直前。

釣りは滅茶苦茶でした。
団子割ってしばらく放置で浮き止めあてる、みたいなノリでぐわぁ~とハワセてたら1枚目。ロリキチヌですが…
浮きはカツン!と入っていったので、ちょっとやりすぎな気もしたが、急な潮と突風で、僕の技術では予定通りな事が出来ませんでした。
ただ、事態把握が完全に無理だったので、ちょっと仕掛けを立ててみようかな・・・と思い始めた頃。


ばくだんさんからTEL。
一言目。「どうせ釣れてへんねやろ」って。
失礼しちゃいますわ。

ばくだんさんは、以前もっと恐ろしいハワセでやってはったらしく。
この1枚目以降はもうベッタベタでやってました。
何故かキビレなんですが、真っ暗5時半ごろ続けて2枚、可愛いのを追加。最後にチャリコと呼ぶには惜しい、思春期チャリも釣れたので、鯛めしコース。

釣れたけど…
文里ってこんなに難しかったかなー…
今回釣れた3枚。あとチャリコもそうだけど。
底をずずずっと這っていくようなサシエなら「食いますよ」みたいな。アタリは全部、風が止まって団子が割れてしばらく浮き止め触らずな時に出た感じでした。
食いは悪く無いと思うので、技術のある方なら爆発した可能性もありますけどね。僕ではこれが精一杯です。

むちゃちっさいけど
今の精一杯


いつまで経っても、下手を克服できんなーと思います。
「こうしよう」と思っても腕がついていきません。
永易流を目指してから、文里で思う事は、自然環境にシビアな釣りやなって思います。
釣りをするための腕・釣るための腕や考え方・・・いずれも上手くなりたいと思うのですが、経験・実績がまず先に来ますわね。
結局行かないと上手くならんのやなーと思いながら・・・

「また来るでぇ文里よぉ」


スポンサーサイト


コメント

  1. 団妻 | URL | -

    ブログ、NEWバージョンですか?
    一瞬、うちのPC壊れたんやろか
    って焦りまくりました。
    (・∀・)カコイイ!!

    どーも。
    怖い夢見てこんな時間に目覚めて
    しまった 団妻です。

    雨の中、行かれたんですねー。
    寒かったでしょ?
    お疲れ様でした。

    >技術のある方なら爆発した可能性・・

    ワタシもつい先日、同様の事を思いました。
    どんだけ釣行回数重ねてもまだまだやなーと思います。
    でも発想を変えれば「だからこそ続けられる」という事かなぁなんて納得してたりもするんですよね。

    しゅうへいさんの目指す釣法は、
    特に最初の段階(締め)からしてぶ厚い
    壁があるようですもんね。
    (間違ってたらごめんなさい)

    ワタシは特に「こだわりのあるダンゴ」では
    なくて、「ある程度の握りやすさ」を
    安易に求めてしまってる派ではあるのですが、
    最近つくづく「締めるダンゴ」って
    やはりとっても理に適ってるんだなぁと
    痛感させられる事が多くなってきました。

    素敵なお仲間と素晴しい釣法を目指されてると思います。
    絶対がんばって極めてくらさいねー!!
    失礼しました。

  2. 漁馬 | URL | cxq3sgh.

    まいど!
    リニューアルされましたね。ちょと驚き!
    やっぱ一皮剥けた感じがしますね(^.^)

    釣りのほうも、下手なんて。。。もうそのレベルでは無いでしょ。
    現に今回もGetされてますやん♪

    しゅうへいさんも
    団妻さんも
    えぇ釣りされてます

    ・・・・・
    ・・・・・

  3. てつ | URL | -


    文里の事なら、ワシに聞かんかいな!
    何でも答えるで!!!!

    まぁ...

    「そんなトコ、やめときて」

    しか言わへんけどね。v-218

  4. しゅうへい | URL | WypcqoOk

    コメント有難うございます。

    >団妻さん

    寒かったっす。もうこれでもかって言うぐらい着込んで行ったので、なんとか耐え抜きましたけど。雨はね・・・もう慣れましたわ。笑

    最初の段階に関しては、その通りだと思います。永易流は色んな技術があるのですが、結局団子をコントロール出来ていないと正確さに欠けてしまったり、出来なくなります。

    「ある程度の握りやすさ」って重要やと思いますよ。どんな団子でも使いこなさないと意を成さないですからね・・・


    >漁馬さん

    僕は何も変わってませんよ。笑
    ツキがたまたまあるだけで、釣り自体何も進歩してません。

    漁馬さんも頑張って釣り行ってくださいね。


    >てつさん

    ぇー…

    まぁ・・・

    そんなことしか言ってくれへんと思てたけどね。v-218

    嘘!嘘ですよ!

    なんとなくね!なんとなく、ばくだんさんだったの!

    ・・・なんとなく嘘ですけど。死


    皆さん、ラストスパートです。頑張って逝きましょう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。