スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッサリ団子のがっつり握り

2005年10月19日 00:15

 熱いですねー。気温じゃ無いですよ!釣り師の魂が熱いんですよ!

 先日、永易流紀州釣り独特のダンゴの『締め』について凄い論争が繰り広げられました。仕舞いには、ぬかすなネットTVさんで『永易啓裕氏』登場で、あの時間帯のサーバーの重さは凄かったです。

ダンゴの『締め』を求める人達が多分何度も繰り返し見ていたのでしょうか。僕もかじりついて見てました。

 永易さんの動きを見てますと…本当に自然体で握ってらっしゃる。僕がフンフンと力を込めて握っている表情とは大違いで、「かなりヤバイ」ぐらいのダンゴを握ってるんですねぇ。意外と自分の握り方が同じような感じで、一瞬「アレ?」って思ったんですが…なんか見るからに『固そう』なダンゴでした。全然圧力が違うんでしょうね。

あの1本(人差し指)締めは、一点に圧力を集中させる為でしょうか。僕は人差し指と親指の付け根の筋肉を固くしてニンって感じで押してます。そう、ニンって伊東四郎ばりに言って握ってます。嘘です。

 で、少し気になったのが『ダンゴの限界点』という言葉。あの部分に引っかかってしまった僕は、まけさんの掲示板で質問しました。

気になったのは、ダンゴが『これ以上入らない』ところまで行くと、そのダンゴは『限界』に達するというトコロ。
限界点に達した時、その時点で『締まっていない』場合、もうそのダンゴは『締まらないダンゴ』になってしまうのか。
それとも、限界点(個人差もあるだろうけど)に達したダンゴは『締まった』ダンゴなのか。

これについて、まけさんとてつさんからお返事を頂きました。

まけさんには

「あの映像ではカットした部分で、私が握った団子を永易さんに
手渡して比べてもらったのですが、
永易さんのリアクションは
「うーーーーーーん」
2回やって、2回とも同じ。

これはあくまでも私の印象ですが、どこかで質的な変化があるように
思えるんですよ。実際には連続的な変化かもしれないんですけど。
そう思えるほど、永易さんの握ったものと、私の団子は違うんです。

つまり、永易さんの言う限界と私の限界は明らかに違うと言えます。」

と言うお返事を頂き、

てつさんには

「締め方にも色々あって、芯と外側に平均的に圧がかかってなくて、
外側だけに圧が掛かっている状態だと、ダンゴは入らないけど
芯は締まってない状態になったりしますんで。
(わざとそうする場合もあるんですが)

締めているけどすぐ割れる、っていうのはそういう事も関係して
いると思われます。
体重の乗せが悪かったりすると、こうなることが多いようですよ。」

というお返事を頂きました。

お二人の意見を考えてみると、やはり限界点には個人差があるみたいですね。更に、その限界点に達するまでの握り方で、『締まる』『締まっていない』というのがあるみたいです。

この自分が感じる限界点というのは、結構簡単に到達してしまいます。じっくり、力を込めて握ってやれば誰でもソコまでは行っちゃうんですが、それまでに『締める』というのが難しいですね。多分僕の団子も外だけカチカチなんだと思いますし、『締めれる』人からすれば、『まだ限界点にすら達してない』と言われるかもしれません。なにせ指標が無いもんですから、分かりませんね。

ただ締めた後に来る、『激変する釣り』というのを絶対体験してみたいと思い、ただひたすらに努力するしか無いです。でも苦しんでやるのは、趣味としてどうなのか…って思うんで、楽しんで頑張ります。一言で言うと、『苦しみを快感に』。…やっぱMの世界に…

回数とかは別にして、丁寧にゆっくりと『締める努力』をすれば良いと、てつさんには暖かい言葉を頂いたので、努力せねばなりませんです、はい。

目指せ『パッサリ団子のがっつり握り』!

なんか寿司ネタみたいやね。笑

ちょっとまとまりに欠ける文章ですが、気にしないで下さいね。笑

掲示板をそのまま書いちゃいましたが…お許しをー。
スポンサーサイト


コメント

  1. 良平 | URL | VHlNn1xQ

    やっと見つけた・・・
    当方のHP通りすがりレスありがとうございました。

    永易流に嵌ってますね
    今回の団子の握りは、握り方は経験を積めばそうなるんでしょうが
    あの大きさには、びっくりしました。
    映像では大きさはわからないでしょうが
    実際、てつさんの団子見たときは、ゴルフボールの大きさなんですよね
    まけさんは、ゴルフボールより大きく、テニスボールより小さいといってたので本当にびっくりでした。

    よって、ゴルフボールの大きさを握ろうとすれば指一本になりますよ!

    今後ともまたよろしくお願いしますね!

  2. しゅうへい | URL | l2hZGtxo

    >良平さん

    ぶわー!!見つかったー!!笑

    コメントありがとーございます。

    大きさに関しては…自分もかなり小さいです。手が小さいので。笑

    適量を手に取り、おもいっきり締めていけば、嫌でもあれぐらいの大きさになるんじゃないでしょうか。他にも理由はあると思いますけど。

    逆にテニスボールより大きい団子を握る方が苦です。

    指1本というのは、大きさもあるんでしょうけど、圧力の問題もあるんじゃないかな?って勝手に思ってます。
    永易さんのは人差し指を団子に接し、中指で手助けするように1点に圧力を集中して握っている感じがしました。正確には分かりませんけど。

    流派?に関しては、人それぞれ考えが違いますので、何とも言えませんが、今までやってきた釣りに疑問や不満が出てきたんです。

    それはもう技術的な部分とかではカバー出来ないような疑問と不満が。

    永易さんの紀州釣りは、自分の疑問・不満が全て取り除かれた理想的な釣りやったんです。これから先、分からない部分も増えるんでしょうけど。笑

    もちろん永易さんに会って、より一層その想いは強くなって、僕はもう生涯永易流なんです。

    長くなってきたので失礼します。

    また遊びに来て下さいね~。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://tinuhei.blog24.fc2.com/tb.php/12-c1b8f31b
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。