スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

警察官だけにはなりたくない②

2006年09月16日 00:38

皆さん、こんばんは。
太陽系惑星しゅうへいです。覗いてますか?どんどん覗いてくださいね。
見られるエクスなタシーを存分に味わっております。

前回、警察官というか、警察のシステム?いや道路交通法のハテナについて書き殴ってみました。
決して、警察官の人間性否定をしているのではありませんので、あしからず。

まだまだ飲酒運転での重大災害は後を断ちませんね。呑む方だけでは無く、お酒を勧めた方も罪になりますので気をつけてくださいね。

はいそこ!ノリが悪いよ!はぃグビッと!


前回の続きになりますが、警察の取り締まりの在り方について、疑問に思う事があるんです。
ここから先は警察は、市民を守る機関であるという事を前提に進めて参ります。

よく高速道路なんかを走ってますと、路肩にスピード違反者が止められて、警察官に説教くらってますよね。実は僕も経験者です。
あれって、パトカーが異常に少なくないですか?

そう、成果を上げてるのは覆面パトカーばかりなんです。
どうなんでしょう、覆面って。

もし、本当にスピード違反を無くそうと思うなら、覆面は逆効果なんじゃないかと思いませんか?
制限速度80km/hの道を80km/hで走るパトカーを追い越す人はあまり居ないと思います。追い越した時点でスピードオーバーですから。

という事は例えば500mいや、1kmおきぐらいでもいいからパトカーを制限速度で走らせば、その道路は80km/hで流れていくと思いませんか?
それでも追い越していくヤツは捕まえたらいいと思うんですが・・・

覆面やと、1台しか取り締まれませんよね。
説教・手続きしてる間は見逃してる事になりますね。
で、捕まった経験者から言わせますと・・・
警察官はみんなこう言います。
「すぐ済みますから、ここに名前書いて下さい」
すぐに済まされる事なんですかね、これってww
なんか集金されてる感じなんですわ。


この事から考えられる事は・・・

『スピード違反車を無くす事よりも、違反者を取り締まりたい』

となるのではないでしょうか。

ましてや、正義の味方の象徴にならないといけない警察が、『覆面』被って市民を騙すんです。ありえない発想です。


結局お金が欲しいだけとしか僕には思えないんですね。


だからもし、僕の息子が
「警察官になりたい」
なんて言った日にゃ

「同じ騙すなら詐欺師の方が儲かるぞ」
と言ってやりたいです。笑


スポンサーサイト


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。