スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

四国某所・初日

2009年09月29日 18:20

しっこく しっこく


今年からシルバーウィークとやらものが出来ました。
ゴールデンウィークと敬老の日を掛け合わせて作ったネーミングなんだろうけど、定着しなさそうな微妙な響きです。
そのシルバーウィークを使って遠征に参加してきました。
2泊3日の四国ツアーで、メンバーはFREEDOMのてつさんとO野さん。…まぁ特別な所は特に無いです。
3人分の荷物でなおかつホテル代わりになる車。今回はてつさんのワンボックスの屋根にキャリアーをセット。少し不安ですが荷物の一部を載せ、ネットをかぶしてみる。うん、どうなんだろう。
「まあ、落ちたら音なるやろ」的なテキトー3人で車をいざ四国へ。

交代しながら運転しますが、遠いです。
深夜なので眠気もありますが、四国上陸。まずはじめのポイント目指してさらに進みます。
始めのポイント。てつさんとO野さんが前回やったところ。
暗闇の中、様子を見ますがどうやら「釣り禁止」になっているよう。初っ端からつまづきます。
新しいポイントを探さないと。
まだ真っ暗、とりあえず仮眠が欲しいので、そこで停泊。おやすみなさい。


初日、おはようございます。
ポイント探しからスタート。風が強いので、できるだけ回避できそうな場所を探します。途中良さそうな場所を見つけますが、水深が浅そう。「水深計り器(O野さんスペシャル)」で確認。遠投すればそこそこありそうだけど、多分届かない。
あと、地元の漁師さんとかにも、聞いてみましたが、やはりこの辺「紀州釣り・団子釣り」はマニアな釣りみたい。
結局、風も穏やかになってきたので、最初のポイントの近くの波止場ですることになりました。

四国のロケーションは最高でした。いかにも田舎!と言わんばかりに自然があります。
波止場下には豊富な魚と、でかいチヌ。イヤでもテンション上がります。
釣り座は波止場中央外向きにO野さん、沖の方にてつさん、僕はてつさんの真裏の内向きに。

四国1
釣り座

四国2
てつさんと奥にO野さん

てつさんはいきなり団子がすぐ割られる状態ですが、内向きの僕はヘタすりゃオキアミが残ってきます。魚が少ないのか。2日目で気付いた事ですが、団子のタッチがここら辺の魚に合ってなかったかもしれません。

今回の団子。
・糠:砂=5:2(小麦粉…糠の5%)
・砂…細目:微細目=1:1の混合。
てつさん、O野さんに合わせて
・アミエビ2カップ(400CC) 
・タッチはしっとり。
でスタート。
大体、いつもと一緒です。

団子はもつし、サシエもあまり取られません。四国まで来てこれでは勿体無いので、外向きの波止場先端付近に移動します。
しばらく打ってますと、団子が持たなくなってきます。ええ感じです。
オキアミは瞬殺です。ほどなくしてベラ。エサ取りもええサイズです。
昼過ぎ、メシついでにてつさんの横へ。するとてつさんがやりました。顔は「年無し」の威厳があるのですが、惜しくも48cm。
ゆっくりメシ食ってる場合じゃありません。
昼からはなんでしょう、もうグレ天国です。これ、グレ師ならたまらん状態なんでしょうか。
色々と手法を探してみるのですが、最終的にはグレで完結してしまいます。もう交わすとかは出来ないレベルなんでしょうかね。
で、急に団子が異常なほど割られる時間帯が到来。着底10秒から20秒ぐらいだったかもしれません。そのまま浮きをドッスーンと持っていきます。アワセますが、アワセたまま魚が浮いてきません。どんどん底を滑走していくように逃げていきます。最後はハリはずれ。
てつさんもコイツに逃げられてましたが、正体不明。
ただひたすらに進んで行く事から、「進(ススム)」と呼ぶことになりました。
夕方近く。てつさんはさらに大きい49cm釣ってはります。…49て、もう50cm来たれよって思いますけどね。
夕方。チャリコが釣れて、オキアミが残って…なんかムンムンなんですけど、ボケでも残る。
結局3投目にはまたグレに戻り。1日やって、雰囲気を感じたのはこの瞬間だけでした。

この日はボウズ。二日目に賭けます。

スポンサーサイト

H21.9/6 三重県某所

2009年09月11日 19:11

どんな結果でもここは楽しい


Q.好きな食べ物はなんですか?
A.1万円のトンコツラーメンです。

はい、釣り行ってきましたー。
今回はO野さん(FREEDOM)と三重県でーす。
ボーズ食らいましたー。残念でーす。
ノリは軽快ですが、強がりでーす。

ここは過去、一度、FREEDOMのばくだんさん、てつさんとあがった場所。
前回は、昼からばくだんさんがノンストップモードに突入されていました。その同じ場所(波止場中央内向き)で始めたのですが、魚の反応が無いのと逆光でウキが全く見えなかったので、すぐに外向きでやってるO野さんの横へ。
O野さんの方は、開始直後からええ感じで、いきなり47cm釣ってはります。
「しゅうへいさーん、しゅうへいさーん」って呼んでるからなにかなーと思ってたら、いきなりやもんね。
めっちゃ引いたそうで、タモ取りにいけなかったそうです。笑


で、その外向きでやってみると潮が結構早いです。
O野さんに聞いた釣り方も独特というかちょっとシビア。
僕には難しい。しばらくしてまた内向きに。←はい、ここダメなところ。
前回、場所を移った二人があまりよく無かったのに、また同じ行動をしてしまいました。
これでは釣れません。

はい、今回の団子。
・糠:砂=5:2
・砂…細目:微細目=1:1の混合。
O野さんに合わせて
・アミエビ1カップ(200CC) でスタート。
です。いつもと一緒です。

ここはスイッチが突然入る場所らしいですが、今回もいきなりでした。
丁度、風と潮が動き始めた時でした。
朝はあまり締めてはいませんでした。この辺からはあまり意味は考えず、5分ぐらい団子のまま持たせてました。
すると団子アタリから浮きが消しこみます。
近くに年無しクラスのチヌが数匹浮いていました。そいつらかもしれません。
「でかいでかいでかい」
とキャーキャー言って喜んでたところ、突然チモトでぶちっ。
でもまだ雰囲気は残っていました。
途中、グレやナイスサイズのベラを挟んで、今度は団子ごと食ってきました。
また同じくキャーキャー言ってましたが、ぶちっ。

僕の怒りもぶちっ。

ボラはいないはずなので、大型のチヌなんでしょうけど、やりとりがヘタな僕には獲れません。
ここでハリスを1.2号から1.5号へ。

で、次は…

フグ地獄になりました。


そのまま終了です。←これ、僕の王道パターンです。

O野さんの方は、外向きで午前中で47cmを頭に4枚。
午後からは潮が厳しくダメでした。
でも、上手に釣りはります。

ココでボーズとは…ちょっと落ち込んでしまいますね。

アジどんぶり
お土産のアジを使って。しゅうへいオリジナル「カレー風味アジ丼」。

ウーパーどん
で、これがウーパールーパー丼…これはひどい

ウーパーどん・・・
てつさん、次の食材はコレでいきましょう。

ドライブのオトモ-MONKEY MAJIK-

2009年09月01日 00:38

ドライブのオトモ、第5弾です。
洋楽ばかり続いてましたので、今回は邦楽。

仙台在住のカナダ人兄弟2人と日本人2人、ツインボーカル兼ツインギターの今までに無さ過ぎるプロフィールを持つバンド。
MONKEY MAJIK(モンキー マジック)です。
もうすでに売れちゃってるバンドなんですけど、多分皆さん知ってるのは、ドラマ『西遊記』の主題歌「Around The World」ぐらいじゃないでしょうか。
私もそこからよく聴くようになりました。

プラント兄弟の弟、ブレイズがスバラシイ。
歌は上手いし、ラップも絶妙。
メイナードはもう顔が男前すぎ。

絞り込んだ、ええ感じの3曲置いときます。
(画像クリックでyoutubeにジャンプします。)

fly
"Fly"

change
"Change"

アイシテル
"アイシテル"

なんだろう。目立たないんだけど、デビュー当時から演奏にチカラがあります。
「Change」ではロックに三味線が合う事もビックリしました。
「アイシテル」では一転して溢れんばかりの声のチカラ。
気持ちいいバンドです。



Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。