スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H20.7/27 家島諸島

2008年07月31日 00:54

はてはて、はてな


MAIDOです!(今、旬のDAIGOを意識してみました。)
家島の進鉱渡船っててっきり250号線にあると勘違いしてて。30分ほどうろうろ迷ってしまいましたわ。いやーガチで参ったっすよ。
どうも、MAIGOです。(・・・ごめん)

MFG紀州釣り大会へは残念ながら行けませんでした。基本的に土曜日は仕事なので、厳しい状況です。今回は第10回の記念大会もあり景品が豪華らしく。かなり期待していたのですが、参加出来なければ意味も無く…。予想していた通り、アレが景品として出されてたとか。当たる可能性は(僕には)無いのですが、その場の雰囲気だけでも楽しみたかったです。


僕には優しいwwばくだんさんに電話すると「明日もみんないてるよ」と聞きました。
なんとか日曜日は休み取れましたので、家島に行って参りました。
前日に聞いていましたとおり、FREEDOMの方々ほか、知人も多く、笑いが多く含まれた釣行になりました。
ただ、日頃の寝不足に加え、当日は全く睡眠をとってませんでしたので、かなり脳が仮死状態に入っていました。なんであんなに「あははは」と笑っていたのかあまり覚えてません。


さて、今回同じ波止場でお世話になったのは、FREEDOMのてつさんとHI-FIELDのかいちょうさんです。
前日の大会では厳しい結果だったようです。さらにこの場所、潮がちょっとややこしいらしく、大きいアジが中層でむちゃくちゃおるそうです。状況判断・団子の締め・釣りスキル全般。全ての難度が高いと思い、あえてやってみようと。
経験出来る事は出来るだけ経験したいですからね。特に未熟者一人では、すぐにパニックに陥ってしまいそうなので、上手な人と一緒に行きたいという思いもあります。
一番の理由は、単に誘われたからなんですけど。(それ言っちゃダメ)

噂通り、いきなりワケが分かりません。他のお二方も最初は「?」だったのではないでしょうか。
浮きはほとんど動かないのですが、団子が割れると少しして浮きがシモっていきます。完全に見えなくなり仕方無く仕掛けを回収してみると、目の前からサシエが上がってきます。この前の大阪湾での釣りでもそうでした。ただ、あちらは明らかに浮きがこっちへ寄ってきたので、納得なんですが。。。
今回は底層~中層の潮がこっちへ押してきてる感じでした。
タナを伸ばして対処しようとしますが、何故か浮きが沈みます。はてはて。


団子の方は、いつもと同じベースに、アミエビ1カップ。


このいつものベースですが、ヌカ:砂=5:2。、砂の半分が超微粒子で、もう半分はちょい粗めです。締め込み易さはあるものの、カチッと感はかなり水分を減らさないと得られません。いつまでも団子が入っていく感じです。
さらに微粒子の砂はヌカの繋ぎに割って入る(勝手なイメージで)のか、完全に締め切っても、少しでも魚が居れば芯残りをほとんど起こさない性格を持っています。(経験上ね。)
自分的には分かりやすい団子なんですけど、逆を言えば、底にエサ取りが多い場所には色んな意味で不向きっぽいです。
今まで自分の団子については、性格が把握しきれてなかったので書きませんでしたが、最近ようやく自分の団子と付き合えるようになってきました。


昨日の状況では、ばくだんさんに「魚が少ない」と聞いていたので、無理に夏仕様を持ち込みませんでした。
底に魚が居ないのか、最初は割れなかったので、さなぎで調整していったのですが、ものの1時間でバリバリモードに突入。ヌカと砂をかなり混ぜましたので、集魚に使うものはほとんど入ってない状態でした。
ただ、集魚でコントロール出来る範囲ってあると思うんです。今回みたいにエサ取りが多すぎると、控えても一緒かなと思います。
アミエビは定期的なネバリ補給に少量ずつ使っていきました。
最終的には5kg/2カップ程度でしょうか。この辺は適当に書いてます。
タッチはヌカ多めのしっとりふわふわタッチ。と言っても、乾燥しまくりでほとんどパサ団子でした。
団子の管理が大変でした。
あー暑い暑い。

モーニングチヌは、僕が勝ち取りました。笑
てつさんが気付かないうちにスパッと。ただ、状況を聞かれても、分かりません。浮きがシモったその先にやたらに浮きが加速化していくような、サシエが豪快に動きだした最中でのチヌを釣ってしまった感じです。
とりあえず割れてすぐに食ってきたみたいです。ハングリーチヌに感謝。
ただ、前述したように、潮に押されている状態で、再現性に欠ける釣果だったこともあり、あまり喜べるものでは無かったです。

開始2時間もすれば、エサ取りが頑張り始めます。オキアミは当たり前、コーンすら頻繁に取られます。さらに団子が持ちません。
海に落ちそうになるぐらい、暑さと睡魔で、1日のプランを考えると、MAX締め切るところまでは無理でしたが、そこそこ頑張っていたつもりです。
それでも着底1分が限界で、平均30~40秒ぐらいでしょうか。
こういう状態、嫌いでは無いんですけどね。( ´,_ゝ`)
団子の性格を変える材料を常備しておかないといけません。いつも、出来るだけ荷物は軽量コンパクトにと思っているのですが、こうも考えていた事と逆に働いた場合の対処は最低限必要ですね。気をつけないと。

さてさて、潮もどんどん複雑化。前後だけでは無く横方向へも動き出したので、浮きがとんでもないところを漂います。
顔がずっと右下を見てる状態。うん、最高に眠たくなってきます。笑
こうなってくると、僕の技術と精神力ではますます厳しくなってきますが、てつさん、かいちょうさんは流石です。
上手い人はチヌさえおれば、見事に釣りますね。
僕は良型アジが釣れてきましたので、それはそれでアリなんですけどね。安い魚好きなんでね、僕。

3時過ぎ。睡魔に負けました。
今、ここで寝たら干からびるかもと思いましたが、波止場ド真ん中で大の字睡眠。地面が熱くて火傷しそうですが、お構い無しに30分ほど?寝ました。…意外と気持ちいい。。。
3時半ごろ。ちょっとボーっとした時間を過ごし、再びやる気出して頑張りますが、風が強くなってきます。
真正面逆風なので、それほど影響は受けなかったとは思いますが、僕レベルではなにかとめちゃめちゃになります。ハリやラインが色んなところに引っかかり、いらんちゃーです。

それと、リールがとうとうおかしくなりました。ハンドル部分がすぐに折りたたまれます。魚を掛けた時、まともに巻けません。
当然のごとく、かいちょうさんに見られてました。笑
ど…どんくさいワケじゃないから!(T-T)


結局は、最初の1枚以降、チヌは釣れませんでした。ただ、たまに釣れてくるアジのサイズに満足したのと、深場+潮変に魚の重量感5割り増し(笑)ににっこり。
めちゃめちゃ暑かったけど、難しい潮も経験できましたし、満足です。
こういう事はどんどん経験したいです。
たまには釣りたいけど。笑

帰りはばくだんさんショーです。いつもそうですが、楽しい人です。笑
僕には優しいですからww
(ここまで優しいと言ったので、優しくしてください。笑)


てつさん、かいちょうさん。皆さんお疲れ様でした。
そして有難うございました。<(_ _)>



帰り。
眠気MAXのため、道中「明石サービスエリア」で仮眠しました。
朝6時まで仮眠しました。

スポンサーサイト

H20.7/20 串本港

2008年07月24日 20:35

聖地、串本へ

いざ南へ。
人生初の場所、串本へ行きました。
知らない場所というのは、なにか冒険をしているような気分にさせてくれて、子供に帰ってしまいます。
僕が串本に抱いていたイメージ通り、土曜日深夜のホテルまでの道は幻想的なものでした。
月明かりに照らされた海が、今までに無い感動を与えてくれます。
嫁も子供も、同じように感動してたみたいです。

今回、串本へは社内旅行(従業員男は僕だけですが)の予定だったのですが、社長が急遽ダウン。僕ら家族だけの、家族旅行となりました。
もちろん、ホテル代から全て会社持ちでお小遣いまでいただいてますから、感謝の気持ちいっぱいで旅行を堪能しました。

道中、白浜で夕食。昭和8年創業という、うどん屋さんの名物メニュー「梅おろしうどん」を嫁さんと食らう。雑誌などにも取り上げられているのはうなづける。マジうまい。
コシがある麺というのはあまり好きでは無かったのだが、やっぱり麺はコシだねって初めて思った。

泊まるのは、「串本ロイヤルホテル」。ここで2泊します。
ホテルに着くと、「ハチワンダイバー」を娘と見て、大浴場へ。
娘と入る、露天風呂。今までで、あったようななかったような。

風呂から上がって、リールの糸を巻きかえる。明日のための準備。
ベッドは嫁さん子供に明け渡して、僕は布団で寝ました。


チャリコとグレ

朝目覚めると、まずはホテルの朝食バイキング。会社支給のお小遣いで全てをまかなおうと考えていたので、昼メシはヌキ。その分、バイキングでは吐くぐらい食った。笑
名物、しょらさん汁がマジ美味い。

出発は10時。ホテルから出てすぐの串本港へ向かい、道中のエサ屋でアミエビとオキアミだけを買う。コーンは置いて無かった。

嫁・子供はそのまま海水浴へ行くので、港で降ろしてもらい、一旦別行動。
延々続く波止場の先端付近まで行き、準備開始。
あ…スカリを忘れた。
まぁ…いいか。この時点で、ボウズの予感満点だったけど、串本で釣りできるだけで十分満足でした。
海面を見ると、無数の魚。水の透明度が凄いので、魚影がしっかり見える。青やら黄色やら、熱帯魚チックな魚も結構いた。
フグも発見。今までで見た事も無いようなサイズ。多分、35cmぐらい。あんなのが大量に湧き出てきたら、今日はもう終わりだろうなと思った。
串本1
人も少なく天気も良い。これ以上何を求めるのか

サシエは付けず、タナ取り。深い。大体13mぐらいで、これから満潮に向けてさらに深くなりそう。
タナ取りを終えて、釣り開始。団子への反応はかなり早い。サシエが出ると、1投目からウキが消し込みます。10cmぐらいのチャリコでした。
締めても締めても同じようにチャリコ。どうやらタイミングとかは関係ないのか。イヤな予感はしてたので、アミエビも入れてなかったけど。
団子が急に割れだすと、釣れてくるのはグレ。それも30cm級の元気のいいヤツ。
そのグレを釣ると、また団子の持ちが戻るけど、チャリコが食ってきます。
もう何匹釣ったか覚えて無いぐらい、チャリコのオンパレード。
やっぱりコーンぐらいは必須でした。
串本3
型のいいグレが釣れます。最終的に15匹ぐらい。

昼頃になると、魚の数も激増してきたのか、ヘタをすると団子が底まで持ちません。
気温30度をゆうに超える真夏日のなか、今年初めて団子を持たす努力をする。
水面にたまに見えるボラの姿。なんとかコイツを反応させられれば、状況は変わるのかと思ったけど、反応するのはグレ・チャリコばかり。
串本2
締めに必死。リキみすぎて、とうとう股に穴が開く

1時頃。体力的に一旦ギブアップ。水分補給に、自動販売機でお茶大量購入。
めちゃくちゃ暑い。
少し休憩しようと思ったけど、場所を変えてみた。波止場さらに先端は、2又に分かれていて、片方は外へ向いて、片方は港内向きになっていました。
直感で、外向きの波止場へ。
こっちはさらにエグかったですが、魚種が追加。デカすぎるやろってツッコむほどの赤い、ベラの仲間が釣れてきます。
チャリコ以外、引きだけは楽しませてくれます。
串本4
これまた30cm級ベラ(の仲間?)。

結局、そのポイントで5時ぐらいまでやりましたが、夕食時間が迫ってきたためタイムアップ。チヌは残念ながら釣れませんでしたが、型のいいグレとベラが爆釣。
地元のおじちゃんに、「大漁やなー」って言われるのですが…ボウズなんですけど。笑
どうやらこの辺は、チヌよりグレの方が有名だそうです。グレ師の方なら、泣いて喜ぶ場所ですね。


ホテルに帰り、夕食を終え、嫁さんと乾杯。ちょっとしたデート気分で、子供が寝たら、夜這いをかけようと思いましたが、殴られました。

「ちゅ…ちゅーだけでも!<(_ _)> 」
「いや!」
「 (T-T) 」


本州最南端

翌日。最後の日。またまた朝食バイキングで吐くほど食って、チェックアウト。
せっかくここ(串本)まで来たんです。行っとかなあかんでしょーと、まずは大島。特に何もありませんね、ここは。
次に、本州最南端、潮岬。さすがに観光スポット。潮岬の灯台、観光客が多い。
灯台に登り、海を見ると、絶景。エメラルドグリーンの海って言うんですか?テレビでしか見た事の無い景色が見えます。前方には何も無く、ただ水平線が見えるだけ。
感動。ちょっと涙。
串本5
眺め最高。前には水平線が広がります。

旅行を満喫出来た。
帰り途中、娘が釣りをしたいというので、田辺市でサビキ釣り。アジを少々釣って、家路に向かいました。


串本最高。

どんぶらこリターンズ

2008年07月07日 23:56

この前の釣りの事やったんですけど。
まあ結果はマルボウズだったので何も言い訳するつもりは無いのですが、こんな事もあるのかと思いまして。

この漁港へ来ると、なにかしらネタが出来てしまうのです。

去年、ここではこんな人達に出会いました。


H19.8/19釣行記抜粋

むこうから、おじいさんふたりとおばあさんが、どんぶらこどんぶらことやってくるではありませんか。
おじいさんは、しゅうへいのみぎとなりへ。おつれのおじいさんもしゅうへいのみぎとなりへ。そしておばあさんもみぎとなりへすわりだします。
おどろいたことに、かべまでわずか5めーとるのすぺーすに4にんがつめられているのです。
これにはしゅうへいもまいったまいった。
めでたしめでたし。


めでたくあるかぁ!
無理やって!絶対この距離無理やって!
そんな事はお構い無しに、準備を進めるおじいさんおばあさん。
もうやる気ゼロ。
そんな時に、突然チヌが。
何ででしょう。隣が気になりすぎて、よく覚えてません。笑
俄然やる気マンマンのおじいさんおばあさん。
僕のすぐ横におばあさんが座ります。
竿袋から、シャクを取り出すおばあさん。
その長さ1mぐらいのロングシャク。
それを両手で構える。
おぉ…なんという気迫や。飲み込まれてしまいそうや。
投げるおばあさん。

はい、僕の団子とかぶってる。

僕の投点すぐ横30cmにどんどん団子が落ちてくる。
で、おきまりのぶんぶん丸。

もうどうでもよくなってきたが、ガマンガマン。
僕の左横にはファミリーでサビキを楽しんでいるのだが、無理を言って少しずれてもらった。で、僕が左へ移動。だいたい2mぐらい。
あまり意味も無いかもしれないが、団子が降ってくるのはご勘弁だったんで。
しばらくやってると、ノーコンおばあさんとおじいさんがもめている。どうやらおじいさんの団子にも降ってくるみたい。笑
そこで最悪な行動を。
僕のすぐ横まで椅子をずらしてきた。
まだガマンガマン。
で、また降ってきた。団子が。

ぷっつーん…

「真っ直ぐ投げられへんのか?」



このおじいさんとおばあさんともうひとかた。


また会いました。笑


僕は新波止に居ましたので、直接な被害はあってないのですが、旧波止に居たファミリーさびき釣りの方がエライ目にあわされてました。
ぞろぞろ来た瞬間は、まさかと思いましたが、おばあさんがロング杓を両手で持った瞬間、

うわああああああああああああ
あの時のおおおおおおおおお

てなテンションです。

これ、被害無かったから、笑い事で終わるんですけど、もしいつもの時間に起きてたら、その場所に居たかもしれない。そう思うと、関係無い僕も怒りがふつふつと湧き出てきました。


こういう方、意外と多くて。周りを気にされない人。
釣り場は個人のものでは無いので、占有するつもりはありませんけど、早いもの勝ちという暗黙のルールがありますわな。
その中に割って入るのだから、「ここいいですか?」ぐらいの声掛けと、もし断られてもそこは諦めないといけないと思います。
その為に、皆朝早く起きて場所を確保するのですから。


あとあと。僕も新波止の根元近くでやってたんですが、昼ごろになって、さらに根元に陣取る親子が居ました。僕は被害無かったのですが、投げサビキを遠投する子供が居て、旧波止場半分ぐらいの釣り人が凄い顔で親子を見てました。
子供はまあ仕方無いとして、親の方がね。
わ か り ま せ ん か ? …と。


それとよく気になるのが、置き竿。
仕掛けがあきらかにこっちへ来て、邪魔であるのに、その仕掛けが一切管理されていない。
釣りをしないなら一旦回収するか、邪魔にならないよう考えて欲しい。
文句言うにも居ないもんだから、邪魔になった後ですからね、お互いに気分が悪いわけですよ。


せっかくの休日、楽しく釣りしてるんだからお互いに迷惑行為は無くしていかないと。
僕も普段の釣りでそういう事が無いようにと一応は気をつけてます。


え?
僕の存在が迷惑だと。
ああそうですか。

H20.7/6 和歌山県M漁港

2008年07月07日 03:23

現在、仮眠状態です


こんばんは。か○く○岸和田店のおねえーちゃんは何故、揃いも揃って皆、可愛いのだろうか。あんな職場で働いた日にゃ僕のナニはアレになっちゃいそうです。
腹いっぱい食った後は、仮眠と称して4時間爆睡しました。よって、こんな時間に書いてます。


久々の単独釣行です。
前回は、イワシ釣り(笑)でしたので、今回は前夜から現地入り。

寝過ごしましたけど。

ホントね、去年から「仮眠」という事が出来なくなりました。僕の愛車には睡眠を促進する何かがあるのでしょうか。もうそのまま永眠したらええねんとか言わんといてね。

スタートは6時頃。ここには旧波止とそれをL字型に延長した新波止があるんですが、旧の方にはもうずらりと並んでいました。皆さん早いですね。
やむを得ず、新波止根元近くで始めました。ここなら、団子が他の方に邪魔にならんかなと思い。

ここは、ボラが出てきてそれをかわして外にいるチヌを~、みたいな事とか。いきなりガッツンガッツン団子を割りにきたりとか。
昼前にボラが常駐しだしたので、その後の展開を期待したんですが。

一向にチヌが来ません。

もの凄いボラアタックで団子が割れた後は、延々サシエが残り続けてます。ボケは最近買って無いので、試すことは出来ませんでしたが、オキアミが取られたのは5・6回。
夏にまだこんな釣りしてるとは…なんか想像以上に僕は駄目になっているのかもしれません。

寝坊はしましたけど、1日フルで頑張ったんですがががが…あかん日はこんなもんです。

さて、今回も早く忘れて次行きましょう。笑


と言いたいところですが、次週を外すと、再来週はすでに先約が。…社長です。
串本まで釣り旅行です。
しかし、社長と同行して、釣れた試しがありません。船に乗っても全員ボウズ食らうぐらいです。
聖地串本で紀州釣りさせてもらえるのかは分かりませんが、何も釣れずに終わった時は、ローリングソバットの一発、いやシャイニングウィザードの一発でもお見舞いしてやらなければなりません。

このBLOG見られたら、即クビになりそうですな。


※大会出場が微妙です。
串本行くのに会社全体で土曜休暇を取るので、続けて休めるかが難しい状態。
仕事のイベントも待ち構えてるし。

やはり串本でケリ(蹴り)をつけなければ。笑

H20.6/29 大阪湾某所

2008年07月01日 01:31

ひどいよシュウヘイさん


どうも、お久しぶりです。
えー…もう皆さんに忘れ去られようとしている、しゅうへいです。
以前、紀州釣りでナニかを釣っていた者です。

大阪湾に行って参りました。前日まで近くで「大雨・洪水警報」とか出てたのに。
ウチの社長がね、留守番らしくてね。一人で退屈やから、釣りに行くぞと。
久々の釣りが社長同行ですので、釣果は期待していませんでしたが…

唯一のアタリは隣の釣り人とのオマツリでした。死

お天気対策もバッチリ。もう釣り場ごとの対策でした(謎)からカンペキでした。というか、ちょっと晴れてたぐらいでしたけど。
昼からでしたので、それほどガッツリやったわけでも無かったのですが、ポイントを大きく間違えまして。昼からですからね…人気スポットならこうなるのは予想してたんですけど。
甘かったな( ´,_ゝ`)
せっかく、てつさん(FREEDOM)にいい場所教えてもらったのに。台無しにしてしまいました。
<(_ _)>

底が船底型で手前が水深約20m。ポイント20~25m先は徐々に10mまで上がっていきます。
潮の加減もありますが、かなり頑張らないと団子がコロコロ転げて目の前まで来ます。
目の前まで来たらすぐに回収しないと、ハリスど真ん中あたりで切れて帰ってきたりと散々な釣りをしてました。
こんなんありかwww
今年は何かと遠投させられてるような気がします。
始めの方は良かったのですが、1時間も立つと団子も雨でやられて空中爆破気味。
とにかく一日の半分が芯残り団子の回収でしたから。

移動するにも人がイッパイで。社長がウロウロするので荷物の見張り番もしながらだったし。
ようやくまともに釣りが出来たのが、4時すぎ。
5時すぎにイワシが回ってきたので社長と「うっひゃうっひゃ」言いながらサビいてました。

何しに行ったのよ。

うん、ここまで下手糞とは自分でも驚きです。
早く忘れて次行きましょうww



Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。