スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こっちおいでよ

2006年05月24日 01:57

こんばんわ、夜更かし しゅうへいです。

MFG公式ブログが開設されましたね。
今日は先日大会も開かれました、それについて書いてみようかな。
MFG=マルキューファングループの略です。
マルキュー製品(団子材の紀州マッハもそうです)を使って、楽しい釣りライフを送ろうぜー!。。。マルキューさん、これからも素晴らしい商品、開発して下さいね、応援してますよ!!って感じでしょうか。メンバーとしてはね。

ただこう言う僕もメンバーなのですが、事務局側では無いのであまり詳細までは知りません。去年入ったばっかの新人ですし。
なにやら今回の大会で、選手宣誓を僕にさせようと、企んでいる方が居ました。こっそり練習していたなどは、絶対に言えません。死
すぐに真に受けてしまう性格なので、冗談にもほどがあるってもんです。ぷんすか
でもそんなイジメ(笑)にも耐えながら、楽しくさせてもらってます。
↑もっとイジメてください
↑気持ち悪いやつだ

僕もふとしたことから、このMFGに入会させてもらったんですが、かなり気軽な気持ちでいけるもんです。
会費自体も高いものでは無いですし、今回の大会でも、結構参加費のモト取ってますよね。笑
全くと言っていいほどデメリットなんか無いですから、もしこのブログ見て頂いた方で、入会に踏み出せない人が居たら、気軽に入会をお薦めします。
うん、事務局でも無いのに、何を宣伝しとんねん!ですよね。

詳しくは、MFG公式ブログが最近開設されましたから、一度訪問してみて下さいな。対応も丁寧にしてくれますし、システムも全然複雑な事無いですから。
MFG公式ブログ(紀州釣りの部)はここをクリックだー!!!!


あなたの世界が広がりますように。


スポンサーサイト

H18.5/21 MFG釣り大会

2006年05月23日 00:32

輪になり和となる


ハッピ、ハッピ、ハッピーバースデイ!俺ちゃん!!ヾ(゚┏Д┓。)ノ

MFG釣り大会前日、とうとう三十路ってしまいました。
うーん、いつまでも少年でありたい、しゅうへいです。
よろしくよろしく、いぇすいぇす。

さてさて、とうとう大会がやって参りました。

大会場所は!

ユアサですから

湯浅ですから!!!!!!

そうそう、この日の為に大特訓していました!
毎日毎日、腹筋100回、腕立て100回、団子100球お隣さんへ投げ込み嫁さんをやり取り⇒取り込み、その旦那とスパーリング100ラウンド、ラウンドワンで100ゲーム連続ガーター、ガーターベルト食い込みで気持ちイー、イーアルサンスーウーロン茶、チャッチャマンボチャチャマンボ!、母さんマンボウって美味しいんですか?
おぅし!全部嘘だ!
うぉー意味無くハイテンションですわよ~!!

本題戻りましょう。
三十路ほやほやの私は、大会会場へ向かうわけです。
5月21日の午前3時、なぎ丸渡船さんへ到着。
すでにかなりの参加者さんが居てる様子で、事務局の方々もいる模様。顔を知っている方と挨拶を交わしていると、てつさんも到着。
いきなり
「車の誘導手伝って」
ライトを手渡され、私、バリバリ仕事をこなします。
そして、そのまま大会終了。

嘘!また嘘ついちゃった!!

しかしこうやって大会って作っていくんですね。事務局の大会成功に対する想いみたいなものが手伝っていくうちに伝わってくるんですよ。もちろん今回、初参加なわけですが、素敵な大会を作って頂いたMFG事務局の皆さん、参加者の皆さん有難うございました。
↑おれなにものやねん。笑


そして、開会式。
主催者側の挨拶、競技説明等があり乗船開始。
事前にゼッケンを決めていくんですが、私は20番でした。
その番号順で乗船、釣り場が決まってきます。
出来れば、唯一降りた『松の東』が理想だったんですが降ろされた場所は・・・わかりませんでした。
大西相談役(5/24訂正)さんと、あともう一方と3人で並んだのですが、お二方共湯浅は初めてとの事。何も分からないので、釣り座も適当に決めて、一番若い私は船付き場所から遠くに移動し、着座。
ここから投げました
磯はイイネ!

今日は7時すぎに干潮、そこから終了時間ぐらには満潮をむかえます。
今は結構下の方に居るけど、1回は上の方に上がらないといけないかなーと思い、投点は近めで設定した。
約、竿3本目ぐらい。
多分この辺は水深竿1本ぐらいのフラット状ではあるが、足場前方にはシモリが多数点在し、魚とのやりとりは大変そう。
もぐられたら1発でプツンって感じです。

さて、準備も終え、投入開始。
団子は集魚を抑え、バサバサに。アミエビ半カップ程度で、水分もかなり減らしていました。
まずは状況把握の為、「キレ」と「締め」を最重要視。
潮はあまり動くような感じは無く、風で浮き(道糸)が流れていく。

投入し始めて1時間。
・・・魚居てません。
更に投げ続けていると、団子に触る動きがあったのですが、アタリは非情に小さくアワセてみるとデカいガシラ。
あんまり状況良く無いですねぇ~。
昼前になってもコレ以降、団子アタリすら無かったので、アミエビ更に1カップ追加。
ところで風が物凄く強くなってきました。
波も出てきて、何度か頭まで波をかぶってしまい、イライラのムラムラです。何

時間を見ようと携帯電話を開くと「着信1件」。
てつさんからだった。
風で音が聞こえなかったのかな・・・

電話してみると
てつ「どう?釣れた?」
しゅう「全然です。そっちはどうです?」
てつ「全然あきませんわ!」
・・・
てつさんも苦戦しているようで・・・今日は「釣ったモン勝ち」な様相が。

昼飯を終える頃、風が更に凶暴化。
うーん、ツラヒ。。。

しばらく投入後、団子への反応も少しづつ出てくる。
ハワセを少し広げてみると、ベラが入れ食い。
そして・・・
とうとうやってしまいました。
ひっかけ釣り師の本領発揮
さすがスレ二郎!

僕はおしりが大好きなんです。

団子材を追加し、薄める方向で。

ハリスがチモトで切られて帰ってくるので小アタリを取ると、今度はフグがかかり出す。
それもデカいフグですわぁ・・・

でも湧いてるっていう程でも無いので、深刻な問題では無いのだが、肝心のチヌが釣れません。・・・っていうか、チヌおるの?
しかし心折れる事無く、投げ続けていました。

・・・が、状況を変える事は出来ず、終了時間。
残念。毎度毎度のボウズであるが、今日は釣りたかったー

迎えの船がやってきて、先に乗っていた方が荷物を受け取ってくれる。
「どうでした?」
「全然ですわ・・・」
よく見ると、なんと「いしばし」さん。あー・・・向こうに見えてたのは、いしばしさんやったんかぁ。

乗る人乗る人、皆が口を揃えて言う。
「チヌ居てました?」

どうやら、どエライ日に当たったようですな・・・
釣った人居てるんかいな。

そして、検量。
居ました。
こんな状況でも釣る人は釣るんですね。

フリーダムの横尾さんが、1枚持ってきました。
みんなうぉ~ってどよめきました。
重量600gオーバーの良型チヌ。

そしてこれまたフリーダムの湯本さんが1枚。
良く似たサイズだが、800g近くあり、首位に。

最後の最後に・・・フリーダム、田中さんがぶっちぎりの3枚。
圧勝でした。
なおきさん、3連覇ならず!
今日は昼寝しなかったそうです。笑

釣果を挙げたのは、わずか3名。
あと全員ボウズって・・・こんな事ってあるんですか・・・
あの永易さんでも歯が立たず。
うほ!厳し!

という事は、僕は4位です!
MFG初参加にして4位をゲットです。脅威の新人です、皆さんよろしく。

あと抽選会で、水汲みバケツを頂きました。バッカンはおあづけです。
次回頑張りますので、バッカンは買いません。笑

最後に、まけさんにご挨拶して、後片付けを手伝って、帰ろうかなーと思ったら、打ち上げに誘われまして。
いいんですか?マジでいいんですか?

こうしてMFG釣り大会が終了しました。
初めてで、ドキドキもんやったんですが、非常に楽しく1日を過ごさせて頂きました。

あ!あと、このブログを読んで頂いてる方に声をかけられまして。
本当に有り難い事で、「お気に入り」にまで入れてもらってるらしく。
神戸の方だったと思うんですが、いつかご一緒させて頂く機会があれば、最高です。
こういうのって、ホントいいですね。
去年、てつさんから頂いた、1通のメール。
そこからここまで繋がるとは思いませんでした。本当に感謝すると共に、これからもお世話して下さい。
↑一度死になさい
↑イヤです

では、また。


H18.5/14 『戸坂漁港』

2006年05月15日 18:33

下手の極み

前日めっちゃ釣れたよ!
…っていう情報で和歌山県の戸坂漁港へ行って参りました。
仕事の為、釣りに行く予定は入れていなかったのですが、「絶対釣れる。」と言われたら、行かないとしゃーないです。釣り大好きなんですね。はーと
運よく仕事もカタがついていたので、良かったですが。

朝、結構ゆっくり始めました。
天候にも恵まれ、賑やかです。
某有名クラブの方も数名いらっしゃいました。少しニンニク臭がしていました。

準備も終え、釣り開始。
朝イチは良かったんですよ。
もう第1投目から団子に触る感じがあり、お魚さんも活発に動いているようです。今年初めてじゃないですかね、むっさ『締め』たろかい!って思わせられたのは。
朝イチは良かったんです
朝イチはまだ人少なかったんですが…

潮、高!!
水かぶっちゃいました

でもね、1時間後、終わりました。
人多すぎです。
もう、この手の言い訳は、『サンデー釣り師』の私としては口癖みたいになってしまうんですが…

過去最高の多さです。

夕方4時、となりの紀州釣りおじさん2人が帰りました。ボウズで…
ボウズで帰るんやったら何故僕の3m横に陣取ったのか小一時間ほど問いただしたいもんだ。

ここからヤル気復活です。まだまだこれから、夕方の爆釣劇がオレを呼んでるぜー!!

おじさんが帰って、ベラとカサゴが。
すぐさま団子をバサバサに作り変えて、1投目、いきなりチヌ釣れました。
20cmちょいですけど。
でもアタリがおかしいです。
浮きがつんつんからぐわんぐわん首を振って、その後タチウオ釣りのようなゆっくりとした沈み…まぁ魚なんだろう的な思いでアワセたんですがね。こんなアタリ続いたら今日はもう取れませんって感じで。笑

5分後、またアタリ。非常に明確なアタリでしたが、手前でバラシてしまいました。下手糞ですな!!ぷんぷん

結局ねばったのですが、釣れたのはこの1枚。
アタリはあるけど、エサ取りの狂喜乱舞でした。
今日はアミエビ使わずじまいやったんですがね・・・

ベラ・フグ・カサゴいっぱい釣りました。
チヌも居たんだろうけど・・・強烈団子入りすぎですわ・・・

釣果は皆さん0~3枚ってとこでしょうか。
某クラブの人もそんなもんかな・・・

僕もたいがい下手糞ですけど・・・
(以下自己規制)

なんとか1枚・・・
あー下手糞ですわ

ヘコミすぎて身長縮みそうです。


うずうずカウントダウン

2006年05月10日 21:21

【*´ェ`*】 どうも

あれですね、もうすぐMFGの紀州釣り大会がありますね。
うずうずしますね。
僕も今回、初参加となるわけです。

出来れば20代で参加したかったなーと思ったんですが、30代に突入してしまいます。うーん、残念。

BLOG-Dさんでも書いてありましたが、最近めっちゃ釣れてますね。ホンマにチヌおらんようになってしまいそう・・・
永易流を実践されている方が、どれほどおられるかは分かりませんが、僕だけボウズは避けたいですな。
皆さん釣果に恵まれると良いのですが。

上がる磯によっても釣果差は出るでしょうから、目の前に1億尾ぐらいおる所に運良くあがれれば、勝機あるかもです。
投網持っていったろかな。笑


で・・・ここまで書いておいてですが、


結果はどうでもいいから楽しみたいです!はーと
↑・・・


キレてないっすょ

2006年05月08日 22:55

【*´ェ`*】 どうも。

あの湯浅のシッポチヌのおかげで、イジラレ君になっております。今まで散々友人などをイジってきたツケが回って来たのでしょうか。
意外と気持ちいいもんです。変の態です

最近釣果が悲惨です。もう底をついてますね。
『釣果零』の本領発揮です。いや、これでええんです。
この前の下津は別として、あまり悔しくはありません。
うん、ちょっと負け惜しみ入ってますね。

しかーし
湯浅での大会では、狙います。
ええ、でも釣れませんよ、狙うだけです。笑

実は紀州釣り始めて3年目なんですけどね、この時期に釣りをするって初めてなんです。
別に避けてたわけでは無いのですけど。

なんでもかんでもワンパターンで行くのはマズイんでしょうね。
なんか特に今年に入って、海の状況が分からんってなってたんですが、原因がようやく掴めてきました。遅すぎるんですけどね。
ほんまどんくさいです。

キレの良い団子をしっかり締める』

やっぱここなんですね。
一方しかやってなかったです。

あーでもこれは難しいかもしれん!

てか、この記事、僕しか分からん内容なってますね。笑


H18.5/6 和歌山県下津大崎

2006年05月07日 01:16

ローカル釣法、マネできません


はい、どうも、しゅうへいです。
和歌山県下津にあります『大崎白灯』に行って参りました。

今回も大変有り難い事に、ばくだんさんと同行させて頂きます。同行というよりは、しがみつく、子泣きじじいです。

えーと・・・結果から先に言いますと、毎度毎度のボウズです。
ばくだんさんは、4~5枚釣ってはりましたが、時合に入って、ポロッと釣れたところで終了されたので、もっと数は伸びたと思います。
完全にパターン掴んではりました。
もうさすがの一言。


それよりもね。。。ヘコんでるんですわ。
もうかなりのヘコみ。

団子投入開始頃、団子への干渉も比較的強く、割れもスムーズにいってたんですがね・・・1時間ほどしたら、餌取りのアタリすら消えてしまっていました。
この辺から僕の釣りは、ワケの分からん方向へ進んで行くのですが。
団子のタッチを変えてみたり戻してみたり・・・
寝かしてみたり立ててみたり・・・
おっかしーなー、チヌは前におるんやけどなー


僕以外は大爆釣ですから。


そらヘコみますって。


特に最後。
ボウズは構わないんですけどね・・・
答え教えてもらってるのに、出来ないんです。
技術不足もありますが、釣り自体がええ加減になってきてしまってます。見つめ直さないといけませんね・・・

終了後、出来ていないところ、出来ないといけないところ。。。課題となる部分が見えてきました(ダメ出しされちゃった)ので、有意義な釣行になりました。ばくだんさんに感謝です。


遠征おつかれっす!
夕方、南紀からてつさんが帰って来られました。
ヒゲボーボーマンかと思いました。
楽しかったです。ありがとうございまっす!
あの魚、ホンマにペラって言うそうです。←嘘


あと、発見がひとつ。

めっさ風が強かったんです。
もう、めっさめさ。

でもこんなもん、釣れない理由にはならんということですな・・・

僕以外は大爆釣ですから。


折れたらいかん!よう解かりました。


ぼく妖精

2006年05月03日 22:52

【*´ェ`*】 まいどすえ~(京都風

今日、『なぎ○』さんのHP(釣果情報)見たら・・・

僕のチヌ、写真に載ってるのに、わしの名前あらへんがな!!
湯浅初チヌやのに!伝説を生んだ1枚やのに!
スレ二郎とまで呼ばれてるのに!

そういや名前も聞かれなかったから、当然といえば当然やけど・・・



まさか!

僕の事は見えなかったのか?


僕は普通の人間には姿が見えないのか?


誰かわたしが見えますか?笑


残念ですわ

2006年05月01日 22:57

【*´ェ`*】 まいどっ

あー残念ですわ。
ホンマ残念です。
というかムカつきますわ。←大人げなし

今日はヒマでしたので、色々紀州釣りをされてる方のサイトを見てたんですけどね。
人の数ほどスタイルが存在するもので、なかなか楽しいもんです。

永易流紀州釣りもそのスタイルのひとつで、これがベーシックでは無いと思ってます。
力いっぱい団子を締めたり、超難解な釣り理論。
誰がどうみても『普通』では無いですよね。
でも、何かのきっかけで、この釣りを目指す様になってるんですがね。


僕自身もこれが全てだとは思ってませんし、様々なスタイル・思想が全て存在意義あるというか。
批判する気もありませんし、それはそれで釣ってはるわけですし。
ホムペでも書いたんですが、大きく見て、紀州釣りですから。
良し悪しなんて無いと思うんですけどね・・・



それがね・・・
もうね・・・

いや、ええんですけどね。残念ですわ。




Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。