スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドライブのオトモ-凛として時雨-

2010年05月23日 16:30

ドライブのオトモ、第10弾です。
今回は、
「凛として時雨」
「リントシテシグレ」と読みます。一風変わったバンド名です。
好きと言うよりも変に気になるロックバンドです。

編成は「345(Ba&Vo)」「TK(Gt&Vo)」「ピエール中野(Dr)」の3ピースバンドです。
Fuzzy controlと同じです。

「大人しい人がハンドルを握った瞬間、乱暴に車を運転する」ってよくギャップを例える時に使う言葉ですが、彼らがそれに当たります。
「バカと天才は紙一重」と言った、表裏一体を表す言葉も彼らに当てはまります。良い意味で。

トークは「普通のにいちゃん」と「大人しい女の子」と「陽気なにいちゃん」ですが、演奏が始まった瞬間、ちょっとアレな感じに変わります。
とにかく激しいんです。激しい…というか、イッちゃってると言いますか…。

曲名も歌詞も独創性を持っていますが、ハッキリ言って歌詞なんて聞き取れないぐらいありったけの声で叫ぶヴォーカル。
歌の内容は歌詞カードでも読んでおいて理解してくださいねってぐらい、聴き手をおきざりにしていく。
メロディラインも転調するものが多く、1曲の中でどこが本線なのか分からなくなってしまうような構成もあります。
ただ演奏スキルは高く、特にギターはいい雰囲気持ってます。
(突然トランス状態に入る事もありますけど。)

好き嫌いが分かれるバンドです。
いや、世間からは白い目で見られるバンドかもしれません。
「僕達の歌を聴いて勇気付けたい!」みたいなありがちな応援ソングも見当たりません。それどころかLive最後の曲(「傍観」)でありながら「僕は知らない、僕は消えたい」と連呼する始末。

鋭利な刃物で切り裂くような、ある種の中毒性を持った精神崩壊サウンド&ボイス。
まだ比較的聴きやすい?曲を置いておきます。
(画像クリックでyoutubeにジャンプします。)

lin_fake.jpg
telecastic fake show

rin_jpop.jpg
JPOP Xfile

rin_ufo.jpg
感覚UFO

rin_disco.jpg
DISCO FLIGHT (Live Ver)

rin_boukan.jpg
傍観(Live Ver)


こういうバンドが気になるっていう自分は、まだ若いなーと思ってしまいます。
下手な学生よりフレッシュなしゅうへいですよ。

スポンサーサイト

ドライブのオトモ-Avril Lavigne-

2010年05月20日 14:27

ドライブのオトモ、第9弾。
僕が女性ヴォーカルで唯一聴いているアーティストです。
意外や意外の、
「Avril Lavigne」 (アヴリル・ラヴィーン)
日本でもお馴染みの名前です。

風格が出て、ベテランの域かと思えば、調べてみると25歳の若手でした。
日本でも女性を中心に爆発的に売れたアーティストです。

出会ったのは、5・6年前に車のラジオで聴いた、「My Happy Ending」。すげーカッコ良かったんですけど、発表当時はまだ10代だったんですね。恐ろしい。

2007年には「Girlfriend」という楽曲がヒットしましたね。日本語版で上手に歌ってたのが記憶にあります。方向性が一気に変わったので、個人的には好きじゃ無いですけど。

若いですけど、楽器は色々こなしはります。ギターはもちろん、ベースにピアノ。ドラムもいけるようです。
特筆すべきはその作曲能力でしょうか。少し重めのメロディが多いですが、どの曲を聴いてもガツンとパンチがあってカッコ良いです。
その歌いっぷり、歌唱力の高さ、楽器も多才で、ビジュアル的にもめちゃ美人ですしね。これぞ完璧超人でしょうか。日本人歌手との差を大きく感じます。

もう知られすぎたアーティストなんで、バカ売れ曲はあえて外して、ええ感じの曲置いときます。
(画像クリックでyoutubeにジャンプします。)

avril_mhw.jpg
My Happy Ending

avril_com.jpg
Complicated

avril_inn.jpg
Innocence

avril_nob.jpg
Nobody's Home

avril_dont.jpg
Don't Tell Me(LIVE Ver)


「Girlfriend」はyoutubeで、1億3千万アクセス以上を記録しています。
日本人口並みですね…
カナダ人代表としてバンクーバーオリンピックの閉会式でも歌いました。

ドライブのオトモ-The White Stripes-

2010年05月05日 00:25

釣りの話題が全く無い釣りブログ「釣果零」。今回ももれなくハズシていきます。
ドライブのオトモ、第8弾です。
これまた、てつさんのオススメ、アーティスト。

「The White Stripes」 (ザ・ホワイト・ストライプス)
アメリカのバンドです。
前回の「FUZZY CONTROL」は3ピースバンドでした。バンド編成としては、「ギター」「ベース」「ドラム」ともうどれも外す事が出来ない重要パートです。
しかし今回の「The White Stripes」は更に「ベース」を無くした、「ギター&Vo」「ドラム」の
2ピースバンドです。
デュオってやつですね。

ロックのジャンルとしては、グランジ系でも無くグラムでも無い。なんでしょう、ブルースをロックにアレンジしたような印象です。
ベースが居ない分、ギターの音圧が凄い事になってます。
2ピースで成立してしまうバンド。うん、かっこいい。
グラミー賞受賞発表を原曲破壊して演奏しきってしまうところもカッコイイ。

メンバーはジャック・ホワイト(♂)と、メグ・ホワイト(♀)。弟と姉の関係です。

世界的にも今最も注目されているギタリスト、ジャックのギターをご堪能ください。
典型的な「ライブで活きるバンド」なんで、ええ感じの曲もライブバージョンです。
(画像クリックでyoutubeにジャンプします。)

ws_1.jpg
Seven Nation Army

ws_2.jpg
Icky Thump


でもちょっとクロウト好みだなあ…
僕には難しいです^^;


ドライブのオトモ-FUZZY CONTROL-

2010年02月19日 01:06

ドライブのオトモ、第7弾です。
レッチリが世界最強のバンドなら、今回ご紹介の彼らは日本最強のバンドと私は思っています。

もともと「てつさん」がイキのいいバンドあるよと2年前に教えてくれました。
「FUZZY CONTROL」 (ファジーコントロール)
なんと2009年紅白の紅組トリとして出ています。ドリカムの「その先へ」のサポートメンバーとして。フューチャリングなんですけど、紅白ではFUZZY CONTROLの名前は出てなかったです。こういう所が紅白の心の狭さですか。
ともあれ、紅白デビューがトリなんて前代未聞。名前が出てないけど…ぶつぶつ

さて、FUZZY CONTROL、通称「ファジコン」。Gt&Vo.のJUON、DrのSATOKO、BassのJOEの3ピースバンドです。
3ピースですが音はとても重厚です。音やスキルの評価が高く、歌のパワー自体もあります。
ハッキリ言って、何故売れないのか未だに分からないバンドなんですが、ライブ中心の活動がほとんどでシングル曲が異常に少ないのが理由でしょうか。
(せっかくアニメ主題歌になったのに、1枚追加した後、3年半何も出さないとかありえないんですけど。)
去年あたりからは相変わらずスローペースですが楽曲もリリースしだしているので、順調に行けばシングルチャートに突っ込んでくると思いますが。

ファジコンは音のバンドです。
SATOKOのドラムは打数がハンパ無いです。調べてみると、お父さんが「手数王」と呼ばれた菅沼 孝三氏。
(正直、知りませんけど)
父親譲りのドラマーです。
VoのJUONも音楽一家に生まれ、ギターテクは相当のようです。
5弦BASSのJOEは基本的に裸で、キャラ的に問題有り…

とにかく最近ROCKに飢え気味な人は聴いてみてください。何かみなぎるものがあると思います。
画像クリックでyoutubeにジャンプします。)


fc_1.jpg
モナリザ

fc_2.jpg
鼓動

fc_3.jpg
あ・あ・あいやいや・あ・あ!

fc_4.jpg
latest ※音小さめ


それ以外にもPVはありませんが、いい曲を。
88
senseless motion
SHINE ON
インドア風チキン
later
little girl

インドア風チキンでファジコンにハマりました。すげーかっこいいです。
あと、オフィシャルサイトの日記もなかなか面白いです。
まだまだ若いし、将来が楽しみなバンドです。 …新曲出してくれればですがね。

最高のギタリスト

2010年02月01日 23:53

またまたご無沙汰しております。

初釣りの方はまだ済ましておりません。フィッシングショーあたりから多分テンション上がると思うのですが。


釣りとは全然関係無いんですけど、ショックな事が。
世界的有名なバンド「Red Hot Chili Peppers」のギタリスト、ジョン・フルシアンテが脱退しました。彼のギターがカッコ良すぎてCDとか買ってたのに。
楽器隊だけで持っているんじゃないかというバンドだったので、イチFANの私としてはすごーく残念。

で、こんな事書いてても全く伝わらないと思うので、RHCPのLIVE映像置いておきます。
本編はVoが残念なのでもう最初と最後のバリバリの所しか見所が無いという。
彼らのLIVEって、歌が終わってからの方が盛り上がるんですよね。

あー残念。


Throw Away Your Television




Can't Stop




Get on Top



イカスー!!!(死語)



Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。