スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H21.9/6 三重県某所

2009年09月11日 19:11

どんな結果でもここは楽しい


Q.好きな食べ物はなんですか?
A.1万円のトンコツラーメンです。

はい、釣り行ってきましたー。
今回はO野さん(FREEDOM)と三重県でーす。
ボーズ食らいましたー。残念でーす。
ノリは軽快ですが、強がりでーす。

ここは過去、一度、FREEDOMのばくだんさん、てつさんとあがった場所。
前回は、昼からばくだんさんがノンストップモードに突入されていました。その同じ場所(波止場中央内向き)で始めたのですが、魚の反応が無いのと逆光でウキが全く見えなかったので、すぐに外向きでやってるO野さんの横へ。
O野さんの方は、開始直後からええ感じで、いきなり47cm釣ってはります。
「しゅうへいさーん、しゅうへいさーん」って呼んでるからなにかなーと思ってたら、いきなりやもんね。
めっちゃ引いたそうで、タモ取りにいけなかったそうです。笑


で、その外向きでやってみると潮が結構早いです。
O野さんに聞いた釣り方も独特というかちょっとシビア。
僕には難しい。しばらくしてまた内向きに。←はい、ここダメなところ。
前回、場所を移った二人があまりよく無かったのに、また同じ行動をしてしまいました。
これでは釣れません。

はい、今回の団子。
・糠:砂=5:2
・砂…細目:微細目=1:1の混合。
O野さんに合わせて
・アミエビ1カップ(200CC) でスタート。
です。いつもと一緒です。

ここはスイッチが突然入る場所らしいですが、今回もいきなりでした。
丁度、風と潮が動き始めた時でした。
朝はあまり締めてはいませんでした。この辺からはあまり意味は考えず、5分ぐらい団子のまま持たせてました。
すると団子アタリから浮きが消しこみます。
近くに年無しクラスのチヌが数匹浮いていました。そいつらかもしれません。
「でかいでかいでかい」
とキャーキャー言って喜んでたところ、突然チモトでぶちっ。
でもまだ雰囲気は残っていました。
途中、グレやナイスサイズのベラを挟んで、今度は団子ごと食ってきました。
また同じくキャーキャー言ってましたが、ぶちっ。

僕の怒りもぶちっ。

ボラはいないはずなので、大型のチヌなんでしょうけど、やりとりがヘタな僕には獲れません。
ここでハリスを1.2号から1.5号へ。

で、次は…

フグ地獄になりました。


そのまま終了です。←これ、僕の王道パターンです。

O野さんの方は、外向きで午前中で47cmを頭に4枚。
午後からは潮が厳しくダメでした。
でも、上手に釣りはります。

ココでボーズとは…ちょっと落ち込んでしまいますね。

アジどんぶり
お土産のアジを使って。しゅうへいオリジナル「カレー風味アジ丼」。

ウーパーどん
で、これがウーパールーパー丼…これはひどい

ウーパーどん・・・
てつさん、次の食材はコレでいきましょう。

H21.8/23 大阪湾某所

2009年08月24日 20:32

何も起こらない桟橋


本当なら和歌山でエサ取りと戯れて、夏気分を味わいたかったのですが、財布の中身が900円…
小学生なみやないか。
て、事で大阪湾で釣りでーす。昼飯、飲み物は家から持参、アミエビとオキアミだけ買って、以前やった桟橋ポイントに行きます。
前回は昼から始めてまだやりきって無いという理由です。

さて、夜が明け海を見ると、素晴らしい透明感。…ちょっとキレイすぎ。
よーく見ると、チヌの姿も。それもデカイ。推定40cmオーバーが数匹泳いでます。
でもチヌが目視出来て、良い釣果だった試しが無いので、幸先不安です。

団子はいつもの。
・糠:砂=5:2
・砂…細目:微細目=1:1の混合。
今のところこの分量が一番しっくりきてます。
エサ取りは少ないでしょうから、
・アミエビ2カップ(400CC) でスタート。

朝イチ。
予想通りですが、エサ取りは無さそうです。ボラの反応も無し。魚信が無い状態で退屈な展開です。
開始1時間はこのまま淡々と打ち続けました。
1時間が経って、状況が一切変わらないので、ネバ団子を試すと1時間後ようやくボラの反応がウキに出ました。
丁度潮が動いた瞬間でしたし、それが関係しているかもしれません。

僕の場合、ボラは交わすのでは無く、対峙して温存する事がほとんど。団子に出来るだけボラを干渉させるよう努力するわけです。ボラが団子の周りに居て「悪いイメージがほとんど無い」からです。
ただ、いつまで経ってもボラから変わらない場合は交わすことも考えたりします。
普段なら大体はボラが居続けてくれます。特に大阪湾では。
でも今日ばかりはさっぱり。遊んでくれたのは30分程度。また何も無い海に戻ってしまいました。
これはマズイ展開。

何か情報が欲しいのですが、全くダメ。
昼まで結局サシエが取られる事はありませんでした。
周りにいるチヌは相変わらずヌボーと泳いでいます。オキアミをちょいと投げてやります。…完全無視。こんなチヌを団子に反応させるなんてまあ無理な事です。
スイッチが入ってくれれば…

というところで、泉南チヌ釣りファイターズのタク君のお父様からTEL。通称「ボラの海」にいるそうで。で、チヌも釣れてたよーとの事。
揺らぎまくりです。笑

スイッチは自分に入ってしまいました。TELから片付け開始まで1分経ってませんでした。笑
所詮、僕みたいなもんはこの程度です。(T-T)


↓続き

[ 続きを読む ]

チヌ釣りを見て思う事

2009年08月21日 23:13

今週の四季の釣り見ました?
大阪湾でプチブームの「チヌのルアー釣り」をやってましたね。
今まではMリグやポッパー釣りが言われてましたけど、底ズルズル系でも釣れるみたいですね。
あと中層さえクリアすれば、ルアー釣りとして確立されそうです。

ロッドでアタリを取るため、テンションはビンビン。アタリは頻繁にあるけどなかなかノセるのに大変なようです。あのイライラ…僕にとってはちょっとありえないですね。

ああいう映像を見てますと、やはりファーストインパクトの釣りは瞬間的には強いですね。
今後発展があれば、ブラックバスと同じ路線を辿って行くとは思いますが、紀州釣りでもまた新たなナニかが出てくるんでしょうかね。
僕らが今やっているこの釣りも、最終形・到達地点じゃ無いはず。
せめて近年の傾向とかでも。

紀州釣りってその辺のメディア的なものがまだ弱いと思うので、なかなか末端まで伝わらない事も多々あるのかもしれません。
ルアー釣りと違って、情報開示にどうしても消極的といいますか。
(相対的に人口が少ないってのもありますが。)
その点、永易さん・まけさんは凄いのなかーとか、ワケの分からんところまで飛火して、四季の釣り見てました。
ホント、ひねくれてますね、僕。笑

OSAMU'S FACTORY ズル引きコーン
コーンもズル引きの時代ですね。
→OSAMU'S FACTORY 「ズル引きコーン」
ttp://www.osamus-factory.com/

H21.8/16 和歌山県E漁港

2009年08月17日 14:06

ご先祖様に感謝


お盆休みは皆さんどこへ行きましたか?
昔からの言い伝え?では、お盆は海や川に入ってはいけませんってありましたよね。ご先祖様に足を引っ張られるか何かで。
私はあまりその手の話しは気にしませんので、釣りに行ってきました。

まずは、14日です。
てつさんに誘われ、チヌの夜釣りです。
夜釣りでチヌを狙うのは何年ぶりだろうか。
忘れていた感覚ですので、ヒジョーに有難かったです。
とりあえず「絶対釣れる場所」らしいので、期待感高まりますが、絶対釣れるところで実際釣れた時の冷めた気持ちはなんとかならんでしょうか。笑
魚を釣る喜びが少し違う方向へ行ってしまっている自分がいます。
てつさんはまずまずのサイズを上げてましたが、僕は小さいの3つ。
水深が凄く浅いので、紀州釣りをしようとするとかなり遠投しないといけないかもです。
ポイントが目の前なんで意味無いでしょうけど。
退屈は厳禁の夜釣りポイントとしては一級スポットでしょうね。
どうしてもチヌの顔を見たくなったらまた行こうと思います。
しゃべりの方も楽しかったです。
ありがとうごいました!!また連れて行ってください。<(_ _)>

090816釣果
最初の1枚。キビレでした。


そして次は紀州釣り。16日、お盆休み最終日です。
人が多いのも嫌だし、まさに紀州釣り!をしたかったので、和歌山県のE漁港へ。
ここはエサ取りも多く、ほどほどのボラも居て、チヌもそこそこ居る、まさしく紀州釣りが楽しめるところ。
久しく行ってなかったので、新しい波止場が出来ていたりと風景が少し変わっていましたが、以前と同じポイントに着座。

090816釣座
あーー気持ちえへへえへえー

朝の3投ぐらいは何も居てませんでしたが、そこからはエサ取りが大量。フグ、ベラ、チャリコ。特にフグが多く、最後までコーンすら残る事無く終わりました。
こんなの久しぶりです。
全開を半日以上ぶっ続けるというのは大変ですが、鈍ってしまってはいけませんので、頑張りましたよ。

結果は4枚。小さいですけど。
まあ、普通の釣れ方です。ヘタなんで連荘は無かったです。
ボラを置いておかないと釣れない感じでした。(ボラのかけかた忘れました。引きジャンキーとしては致命的です。)
あと大きなタコが2つほど釣れたんですけど、一見「根ガカリ?」と思ってしまって。上げるまではブチブチ切ってました。ハリ返せ…

それにしてもこの辺は自然が多い。テンションが異常なまでに上がります。
特に夜明けとかタマランね。

090816釣果
手のひら~25cmぐらいを4つ


帰りはたまたまポルトヨーロッパの花火が車中から見えて。
最高だ。和歌山やっぱ最高。

H21.7/19 永易流王座決定戦

2009年07月20日 22:49

ココわかりません


永易流王座決定戦。
参加してきました。
場所は家島諸島。総勢37名による2日間の戦いです。(2日目は決勝進出の上位10名のみ)

FREEDOMさんの自主運営ですので、大会受付に使用する机もてつさんが持参。で、無所属なんですが(笑)、私もチョイお手伝い。ホンのチョイです。笑
自主運営って大変そうでした。
お疲れ様でした。

さて、大会の模様ですが、私は決勝進出できませんでしたので初日しか分かりません。
上がった場所は、「赤灯」。家島でも超メジャーポイントです。
FREEDOMの方も居ます。N川さんと、Eastのふくちゃさん、そして…永易さん。
凄いメンツが赤灯で競いますが…恐ろしく貧果に終わりました。私はもちろんボウズです。
てか、無理です、こんなの。あの永易さんですら、1枚です…

090719_1.jpg
釣り場。奥に永易さんと、N川さん。

090719_2.jpg
底がヒジョーに悪い。んー、もうわからんわ!

状況はよく分かりません。
朝と昼以降の状況が180度違い、釣りが無茶苦茶になりました。
朝はエサ取り(フグ・アジ)が多く、めいいっぱい団子を締め切っても、1分ぐらいで割られます。私的には好きな展開で、エサ取りが飛んだら・・・・と思っていましたが、ベラに変わってしまいました。
前回と同じ状況になってしまったのですが、ここからどうすればいいのか分かりません。
昼からは何故かエサ取りが居なくなりました。
こうなると僕はどうしようもありません。終了間際少しづつ良くなってきましたが時すでに遅し。

家島って独特ですよね。
なんか全然分かりません。まーーったく分かりません。というか分かろうともしてないですけど…
僕以外にもココを極端に苦手とされてる方が居ます。
家島には一体何があるのでしょうか。ホントよく分からない釣り場です。


最終結果は詳しく分かりません。
決勝進出された方、おめでとうございます。
皆さんお疲れ様でした。
あと、大会運営された方々、楽しい大会でした。ありがとうございました。



Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。