スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

H22.7/19 和歌山県E漁港

2010年07月21日 19:26

懐かしの和歌山県。
ザ・和歌山が堪能できるE漁港。
でも開始直後からずっとフグ。団子はちゃんと持つので、数が多いわけでは無いみたい。
ただ、タッチやタイミングを変えるぶんにはフグで完結してしまうので、待ってたんですけど。

4時頃、あるとするならそろそろだったんだけど、仕事の電話に追われ集中できなくなりました。

またボウズです。
てか全く釣れないので昼にはひとりぼっちでした。死

それにしても時間というのは残酷です。
しばらくやらないうちに体力が低下しています。日頃の疲れというのも大きいかもしれませんけど。

そんなに暑いわけでは無かったけど、バテバテでした。。。
早くやる気まんまんちゃんの頃に戻らねば。


スポンサーサイト

H22.7/4 大阪湾

2010年07月05日 21:23

ひっさしぶり!
約10ヶ月ぶりの釣行です。

7/4(日)、天気予報は雨。
朝起きると快晴。
新しい仕事にも少し身体が慣れてきたので、釣りしてきました。
大阪湾を様子を見ながら南下。
とにかく久しぶりすぎたので、比較的多く通っていた「ボラの海」へ。

道糸はぐりんぐりん、ハリはサビサビ、バッカンはカビカビ。
掃除・整理しながら準備してると、1時間ぐらいかかってしまった。

ここでは最近、先端付近で40cmオーバーが上がっていて、調子は悪く無さそう。
ただ9時過ぎについたんだけど、周りの人に聞くと「ゼンゼンダメー」らしい。
相変わらずハズしているようです。

10ヶ月ぶりにしては、動作自体は身体が覚えてくれてたので良かったですが、疲れた疲れた。
ボウズですし。
しかし大阪湾っていつ来てもエサ取りいてませんね。
この時期でオキアミが残り続けるとか。

次は「コーン瞬殺!」みたいなところでリハビリですかね。


あ、あと、かもや君に夕方遭遇。
色々お話しできて良かったです。てか、いつの間にか大人になってたんやね!おじさん驚いたよ!


四国某所・最終日

2009年10月14日 15:46

しっこく しっこく しっこく しっこく


四国遠征2日目。
朝目覚めて、ポイント到着。前日より「大物の気配」を感じる秘境っぽい場所。
勝手にテンション上がりますが、カゴ釣りの先客がいた為、てつさん・O野さんと少し離れて竿を出します。
ポイント手前は岩礁地帯でそこには魚が多く居ました。
とりあえず遠投っぽいのも試してみます。
釣り場全体としては「穴場」チックな小場所で、条件さえ揃えばとんでもないヤツが来そうな予感。ただ潮が早く、てつさん・O野さん側は釣りがしづらかった事と、ストラクチャーとなるものが多く取り込みが困難だと言う事で1時間ほどで他の場所を見て回ることになりました。

いくつか釣りが出来そうな場所もありましたが、四国で狙うは「大物」。
吟味・移動を繰り返し、昼前ようやく第二のポイントへ。
しかしこれが誤算。
過去には60cmも上がったとの情報ですが、とてもそうは思えない水深の無さと雰囲気の無さ。

僕が準備を終えた頃、てつさんが竿を曲げてます。
小さそうなので、ベラかなんかかなと思って見ていたら、チヌでした。
釣れたものの全員ショックです。
「ここもダメか」的な空気が流れてますが、時間的に他に探す余裕も無い。

ここにも「ススムさん」はいてたのですが、特に盛り上がるような大物にも出会えず、みんな同じような枚数を釣って終了でした。

あ、勉強になる事もありました。
団子は前日と同じ。
でもすぐとなりのてつさんと状態が違っていました。もともとどこでもそうなり易いのですが、エサ取りというか魚を反応させるのに僕の場合時間がかかります。
無い引き出しで色々やろうとするのは自殺行為だと思っているので、基本的に待ち時間が長い。
団子のタッチが魚に合っていないとの事で、「標準」を置く所を少しずらさないと釣果が安定してこないみたいです、僕の場合は。
結果はすぐに出て、調整した数投後から一気に雰囲気が変わりました。
釣れてくる時間帯も、てつさんとはズレがありました。比較的、僕の方は連荘ぽいのが2回あって、小ハマリがありました。
持続するチカラが無いのはダメなところですけど、「ええ感じ」で釣れてました。
あくまでアドバイスがあったからですけど。
団子のタッチや安定度・投点の違い・投入テンポの違い。同じぐらいの枚数でも、内容が違うと時合の拾い方も違うようです。
文章で上手く表現できませんが、そんなところです。

四国最終日1
どっぷり日が暮れるまで四国を堪能

四国最終日釣果
釣果。なんだかんだ言いながら一番少ないです。(20cm~30cm弱)


釣りが終わって、風呂入って、帰ります。最初はてつさんが運転して、高速道路からO野さんにチェンジ。その後、本当なら運転しないといけなかったんですけど、連続釣行慣れしてないのか、いつも以上に爆睡してしまいました。や…やっちまったー。
時折起きて、運転席を見ると、今度は眠そうなてつさんが爆走してました。
なんか鼻息がヤバイので、見なかった事にしてまた寝ました。
も…申し訳ございません。。。

あまりにも楽しかったので、また遠征参加しまーす。
↑ザ・無責任

H21.9/6 三重県某所

2009年09月11日 19:11

どんな結果でもここは楽しい


Q.好きな食べ物はなんですか?
A.1万円のトンコツラーメンです。

はい、釣り行ってきましたー。
今回はO野さん(FREEDOM)と三重県でーす。
ボーズ食らいましたー。残念でーす。
ノリは軽快ですが、強がりでーす。

ここは過去、一度、FREEDOMのばくだんさん、てつさんとあがった場所。
前回は、昼からばくだんさんがノンストップモードに突入されていました。その同じ場所(波止場中央内向き)で始めたのですが、魚の反応が無いのと逆光でウキが全く見えなかったので、すぐに外向きでやってるO野さんの横へ。
O野さんの方は、開始直後からええ感じで、いきなり47cm釣ってはります。
「しゅうへいさーん、しゅうへいさーん」って呼んでるからなにかなーと思ってたら、いきなりやもんね。
めっちゃ引いたそうで、タモ取りにいけなかったそうです。笑


で、その外向きでやってみると潮が結構早いです。
O野さんに聞いた釣り方も独特というかちょっとシビア。
僕には難しい。しばらくしてまた内向きに。←はい、ここダメなところ。
前回、場所を移った二人があまりよく無かったのに、また同じ行動をしてしまいました。
これでは釣れません。

はい、今回の団子。
・糠:砂=5:2
・砂…細目:微細目=1:1の混合。
O野さんに合わせて
・アミエビ1カップ(200CC) でスタート。
です。いつもと一緒です。

ここはスイッチが突然入る場所らしいですが、今回もいきなりでした。
丁度、風と潮が動き始めた時でした。
朝はあまり締めてはいませんでした。この辺からはあまり意味は考えず、5分ぐらい団子のまま持たせてました。
すると団子アタリから浮きが消しこみます。
近くに年無しクラスのチヌが数匹浮いていました。そいつらかもしれません。
「でかいでかいでかい」
とキャーキャー言って喜んでたところ、突然チモトでぶちっ。
でもまだ雰囲気は残っていました。
途中、グレやナイスサイズのベラを挟んで、今度は団子ごと食ってきました。
また同じくキャーキャー言ってましたが、ぶちっ。

僕の怒りもぶちっ。

ボラはいないはずなので、大型のチヌなんでしょうけど、やりとりがヘタな僕には獲れません。
ここでハリスを1.2号から1.5号へ。

で、次は…

フグ地獄になりました。


そのまま終了です。←これ、僕の王道パターンです。

O野さんの方は、外向きで午前中で47cmを頭に4枚。
午後からは潮が厳しくダメでした。
でも、上手に釣りはります。

ココでボーズとは…ちょっと落ち込んでしまいますね。

アジどんぶり
お土産のアジを使って。しゅうへいオリジナル「カレー風味アジ丼」。

ウーパーどん
で、これがウーパールーパー丼…これはひどい

ウーパーどん・・・
てつさん、次の食材はコレでいきましょう。

H21.8/23 大阪湾某所

2009年08月24日 20:32

何も起こらない桟橋


本当なら和歌山でエサ取りと戯れて、夏気分を味わいたかったのですが、財布の中身が900円…
小学生なみやないか。
て、事で大阪湾で釣りでーす。昼飯、飲み物は家から持参、アミエビとオキアミだけ買って、以前やった桟橋ポイントに行きます。
前回は昼から始めてまだやりきって無いという理由です。

さて、夜が明け海を見ると、素晴らしい透明感。…ちょっとキレイすぎ。
よーく見ると、チヌの姿も。それもデカイ。推定40cmオーバーが数匹泳いでます。
でもチヌが目視出来て、良い釣果だった試しが無いので、幸先不安です。

団子はいつもの。
・糠:砂=5:2
・砂…細目:微細目=1:1の混合。
今のところこの分量が一番しっくりきてます。
エサ取りは少ないでしょうから、
・アミエビ2カップ(400CC) でスタート。

朝イチ。
予想通りですが、エサ取りは無さそうです。ボラの反応も無し。魚信が無い状態で退屈な展開です。
開始1時間はこのまま淡々と打ち続けました。
1時間が経って、状況が一切変わらないので、ネバ団子を試すと1時間後ようやくボラの反応がウキに出ました。
丁度潮が動いた瞬間でしたし、それが関係しているかもしれません。

僕の場合、ボラは交わすのでは無く、対峙して温存する事がほとんど。団子に出来るだけボラを干渉させるよう努力するわけです。ボラが団子の周りに居て「悪いイメージがほとんど無い」からです。
ただ、いつまで経ってもボラから変わらない場合は交わすことも考えたりします。
普段なら大体はボラが居続けてくれます。特に大阪湾では。
でも今日ばかりはさっぱり。遊んでくれたのは30分程度。また何も無い海に戻ってしまいました。
これはマズイ展開。

何か情報が欲しいのですが、全くダメ。
昼まで結局サシエが取られる事はありませんでした。
周りにいるチヌは相変わらずヌボーと泳いでいます。オキアミをちょいと投げてやります。…完全無視。こんなチヌを団子に反応させるなんてまあ無理な事です。
スイッチが入ってくれれば…

というところで、泉南チヌ釣りファイターズのタク君のお父様からTEL。通称「ボラの海」にいるそうで。で、チヌも釣れてたよーとの事。
揺らぎまくりです。笑

スイッチは自分に入ってしまいました。TELから片付け開始まで1分経ってませんでした。笑
所詮、僕みたいなもんはこの程度です。(T-T)


↓続き

[ 続きを読む ]


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。